矢印

採用コラム

2020.11.04

入社の決め手は、将来がイメージできること! SCGの魅力を内定者が語る

入社の決め手は、将来がイメージできること! SCGの魅力を内定者が語る

こんにちは!内定者インターンで記事を書いている、2021年卒内定者のつぼつぼです!
今回も就活生の皆さんのためになるような記事を書いていけたらいいなと思っています!

今回の記事では、ずばり“入社の決め手”について書いていきます!私が、就活をどんな風に進めてきたのか、綜合キャリアグループ(以下SCG)に内定を決めた理由とは?どんなところに魅力を感じていたのか、リアルな感情を語ることで皆さんにSCGの魅力を感じていただき、ぜひエントリーしてほしいと思っています!

では最後までよろしくお願いします。

1章:グダグダと進んだ私の就活。そこで出会ったSCGという企業

突然ですが、皆さんは夏季インターンに参加し、これから冬季インターンの応募や本格的な就活が始まると思いますが、なぜインターンに申し込みをしているのでしょうか?
もちろん行きたい会社がある、なりたい自分像があるという人もいるかもしれませんが、大半の人が、周りがしているからとか、先輩にインターンは行った方がいいと言われたなどの理由ではないでしょうか?

実際に私もそうでした。周りが始めているから自分も何かしないといけないと思い、とりあえずインターンに数社応募しました。
参加したもののあまりピンとくる企業はありませんでした。加えてたくさん企業を見る内に「あれもいいな。これもいいな。」となり、自分が本当は何がしたいのか、どうなりたいのかが分からなくなっていきました。

その結果、人事の人と仲良くなれたという理由で、第1志望の企業を選んだりもしていました。

そんな私にも転機が訪れました。それはSCGの選考に参加したことです。ここまでグダグダと進めてきた私でしたが、SCGの社員さんは目が輝き、社会人として誇りをもって働いていると感じました。当時の私にはそれがとてもキラキラと写りました。
そこからSCGの選考を受けることになったのですが、選考途中に私の考えが就活生として全然ダメだったということに気づかせてもらいました。

次章ではSCGの選考でどのようなことをしたのか、そこからどのように考え方が変わったのか書いていきたいと思います!

2章:大切なことに気づかせてくれたSCGの選考

私がSCGの選考で気づかせてもらえたことは、自分の今までの考え方が無意識のうちに受け身になっていたということです。

どういうことかというと、面接の際にグダグダしていた時と同じように面接官の方に「ここではどんなことを経験できますか?」と私は質問しました。すると面接官の方に、「その質問の意図が分からない。」と言われたのを今でも覚えています。
続けて「じゃあつぼつぼさんはこの会社でどんなことをしたいの?」と言われ、自分の考えが「自分がどんなことをしたいのか」ではなく、「この会社ではどんなことをさせてもらえるのか」という受け身になっていたことに気づくことができました。

さらに、選考途中には私が将来どのような人間になりたいのかを考える手助けをしてもらえました。

具体的には、Be(どうありたいのか)、Do(何をしたいのか)、Have(何を得たいのか)の3つを軸に考えることで、今の自分に何が足りないのか、どんな力を付けないといけないのかを考える機会を与えてもらいました。

このように、選考途中で自分の理想像を“言語化”する手助けをしてもらえたことで、就活において忘れてはならない、「自分のやりたいこと」や「自分のなりたい姿」を再度思い出させてもらえました。そして、私の「誰かのために努力ができる環境で働きたい」「自分の仕事に自信を持って働きたい」という理想像を叶えられるのがSCGだと思い、SCGに入社を決意しました。

ここからはSCGという会社のどこに魅力を感じ入社を決意したのかを書いていこうと思います。

3章:成長できる環境がSCGにはある!内定者が直に感じたSCGの魅力BEST3

では、私が実際にSCGのどこに魅力を感じたのか。
もちろん先程述べた点も魅力だと考えていますが、ここからはSCGという会社にどのような魅力があるのかを書いていきます。

私が1番感じたSCGの魅力は“SCGには成長できる環境がある”ということです。

私がそう感じた理由はいくつかあります。
1つ目は、働いている人の考え方が“さらに成長するために”仕事をしているということです。
先程も書いた通り、選考中に様々な社員の方々と会わせていただきました。そして今も尚、色んな社員の方々とお会いできる機会を設けていただいています。たくさんの社員の方々とお話をさせてもらう中で、本当に全員が成長を考えていると感じ取ることができます。

目標が明確にされており、誰かのためにそして自分のために働いている人がたくさんいます。自分もそうなりたいと願い、体現している人と働けることが楽しみだと感じました。

2つ目は、チャレンジできる環境がそこにあることです。

SCGには様々な制度がありますが、その全部が社員の成長を目標に掲げています。
自分がやった方がいいと思うことに明確な理由があり、明確なビジョンがあればやらせてもらうことができます。
どんなことにも主体的に考えることができ、自分から行動を起こせるような環境はなかなかないと思うので、私と同じような人にとってはとてもいい環境だと思います。

今私が書いているこの記事も内定者インターンの取り組みで行っています。
入社する前からチャレンジさせてもらえることもSCGの魅力の1つだと考えています。

3つ目は、社風です。

風通しの良い社風とはよく聞く言葉だと思います。
でもそれって本当なのか?と思う人が多いと思います。しかし、SCGでは本当に風通しがいいです。それに加えて、人を大切にしています。

最近オンラインでの懇親会がありました。そこでは同期の2人の社員さんとお話をさせてもらえる機会がありました。その2人の社員さんは7年ぶりの再開でしたが、本当にお互いを大切にしており、お互いがお互いを刺激し合えるとおっしゃってました。そんな関係を築ける社会人になることが私の1つの目標でもあるので、本当に羨ましいと思いました。
また、社員さんに新卒時代に後悔したことを聞いたところ、「もっと積極的に発言をすればよかった」とおっしゃってました。これは、若い頃から発言しても受け入れてくれるということの表れだと思います。

このような点からSCGには成長できる環境があると考えています!

4章:就活で大切なことは、「自分が何をして、どんな人間になりたいか」

いかがでしたでしょうか。

これまで私自身の経験とSCGの出会い、内定者目線でのSCGの魅力を書いてきました。
就活において、周りと自分とを比べてしまうということはよくあることだと思います。

ただやっぱり大切なのは「自分が何をしたいのか」「どんな人間になりたいのか」この2点だと私は考えています。

そして私がやりたいこと、そして将来なりたい姿になるために必要な環境がSCGにはあると思い入社を決意しました。
もしこれを読んだあなたも私と同じように、SCGのことに魅力を感じてもらえたなら、ぜひエントリーしてみてほしいです。そして実際に選考を受けて、様々な社員さんと会ってほしいです。そうすれば、文字で読んだ以上のものを手に入れることができると思います。

今回はこの辺で終わります!

私と同じようにSCGに内定を決めた理由を書いてある記事も載せておくので、そちらも読んでみてください!

「就活生が今やるべきこと~スケジュールを制すものは就活をも制す~」

「初めての選考、1歩リードするためにやっておきたいこと」

ではまた会いましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました!

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー