矢印

採用コラム

2020.10.07

インターンシップまだ行ってない?インターンが業界研究に役立つ3つの理由

こんにちは。
綜合キャリアグループ21卒内定者のしほです。
卒業論文のために、夏休みにもかかわらず毎日朝から晩まで実験に追われています。
あと、サッカー小僧なので大学ではフットサルサークルに所属していて、時々参加してたりもしてます!
少しでも皆さんのお役に立てるように、そして、私が入社後活躍できるように一生懸命コラムを書いていきます。

ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください!

<卒論研究の調査地である小笠原諸島 母島にドヤ顔で向かっている私です>

さて、就活をはじめたばかりの人にとって最初にするべきことの1つって『業界研究』ですよね。
「えっそうなの?」、「業界研究って何?」、「よくやり方がわからない」
様々な方がいると思いますが、ご安心ください!

今回は『業界研究とは何か』、そして業界研究にめちゃくちゃ活かせるツール、『インターンシップ』の2つについて紹介します!

この記事を読めばインターンシップに行きたくなること間違いなしです!
むしろ、「インターンシップには絶対行きたくない!」って人はこの先を読まない方がいいですよ。ほんとに。

まずは第1章で、業界研究とは何かについてちゃちゃっと説明しちゃいますね。
最後まで読んで周りと差をつけちゃいましょう。

第1章:理解できてる? 業界研究のいろはとその始め方

業界研究とはそもそも何か?
それは、「いろいろな業界の種類や内容を知って、自分に合った業界を見つける作業」であると私は考えています。
自己分析、企業研究と並んで就活において必須の作業です。

業界研究をしないと、その業界の特徴を理解できないので説得力のある志望動機を作ることが難しくなったり、入社後やりたいことをうまく説明できなかったりと何かと面接を進めていく上で、障害が増えます。また、たとえ就活がうまくいったとしても仕事内容と自分のミスマッチが起きる可能性も出てきてしまいます!

業界研究をせずに就活を進めていくというのは、手ぶらで戦場に行くぐらい愚かなことです。

業界研究のやり方には様々な方法があります。
いくつか挙げさせてもらうと

・その業界の本を読む
・企業のホームページを見る
・説明会に参加する

など・・・
こんなところでしょうか。

これらの方法でもいくらか業界を知ることはできますが、正直ちょっと調べたくらいじゃ表層的な部分しか把握しきれないというのが実際のところです。
就活のライバルたちも同じような方法しかとれないので、同じ状況っちゃ同じ状況ですが、ググーンと差をつけるテクニックがあります。

それが、インターンシップです!

インターンシップは業界研究、企業研究に信じられないくらい役に立ちます。
実際、私も3年生の夏に2週間のインターンシップに行き貴重な体験をさせていただきました。

そのとき感じたメリットを簡単にまとめておくと
・その業界の仕事へのイメージが「漠然」➡「明瞭」に変わった
・そもそも希望する業界が変わった

これだけでも私に大きな影響を及ぼしたことが分かりますか?
詳しくは後ほど述べますね。

第2章:農学部で環境系志望の私がインターンシップを通して志望業界変更!


 大学3年生の夏、私が志望していた業界は環境系の業界でした。農学部出身なので環境保全とかに関わる仕事がやりたかったわけですね。
そんなところから実際の仕事を体験したくて2週間のインターンシップに参加しました!

インターンシップには期間ごとに3つ種類があります。

1day:1日で企業説明会やセミナータイプを行うインターンシップ。

短期:数日~1週間程度で1dayの内容を含みつつ実際の仕事を経験することができます。
私のオススメはこれ!

長期:給与をもらったりしながら実際に働くタイプのインターンです。参加ハードルは高いですが、学生時代からバキバキに経験を積みたい方、そしてもうその企業に行きたいと決まってる学生にはオススメです。というのも、インターン後に採用してもらえることもあるからです。

私が参加したのは短期型のインターンシップですね。
短すぎず長すぎずの期間でその業界や企業の仕事を肌で感じながら、知識を得られるので業界研究に最適といえます。

実際、私が行かせて頂いたインターンシップでは、仕事内容を事細かに知ることができたり、実際の業務と同じものを体験できたり、色々な会議の見学ができたり、プレゼンテーションをしたりと様々な素晴らしい体験をすることができました。

この体験は、インターネットで調べたり、本で読んだり、ちょっと説明会に参加しただけでは得がたいものでした。本当に行ってよかったと思っています。

短期型インターンシップの参加を通して、環境系の仕事を人生を通してやりたいかと言われると、そうでもないなと思ってしまいました。仕事に対する漠然としたイメージが明瞭なものに変わることで、私に合わないとハッキリ感じることができたのです。
環境系の業務を通して自然環境に貢献していく人生よりも、もっとビジネスマンとしての力をつけて自分の市場価値を高めたり、人に直接役立てるような仕事をしていきたいと思いました。。

そして、志望業界を変えました……
この選択が正しいかは未だわかりませんが、間違いなくインターンシップは私の業界研究に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

第3章:マジですごい!インターンシップが業界研究に役立つ3つの理由

どうしてインターンシップひとつ参加しただけで私の選択が変わったのか、どのような参加メリットがあったのかについて説明しますね。
ずばり、インターンシップが業界研究に役立つ理由は3つ。

➀社員の話が聞けたり実務を知ることができ理解が深まる
➁色々な就活生と出会える
➂自分に向いているかどうか考える材料になる

どういうことか1つ1つ説明していきますね!

➀社員の話が聞けたり実務を知ることができ理解が深まる
 短期のインターンシップに参加すると、様々な社員の方々とお話させていただく機会がありますし、ほとんどのインターンで様々な業務を体験できると思います。
家にいるだけでは、知ることのできない生の情報をそのまま得ることができ、また自分のわからないことはすぐに聞くことができるので、最強の環境で業界研究を進めていくことが可能です。
実際に私の場合、面白い仕事内容を期待していたインターンで実務を体験することで、「こんな面白いところもあるんだ」だったり、逆に「意外と地味な仕事だなあ。これにやりがいを感じられるかなあ」と思うことがありました。
これはリアルに体験してみないと絶対わからないことですよね?

人によっては、志望動機の作成に社員さんの力を借りることができた方もいたみたいです。インターン恐るべし。

➁色々な就活生と出会える
インターンに参加すれば社員さん以外に他の就活生と出会えるというメリットもあります。これが意外と重要で、同じ業界を志望している就活生ならその業界についての情報交換ができる可能性があります。
1人で得られる情報量はどうしても限られてしまいます。"就職活動は情報戦"なので、有利に就活を進めていくには他の就活生とのつながりも大事にしていきましょう。

残念ながら、私の場合は志望業界を変えてしまったのであまりこのメリットを活かすことはできませんでしたが、もし志望業界を変えていなかったらインターンシップで出会った他の就活生とのつながりは強い武器になったと考えています。

➂自分に向いているかどうか考える材料になる
これが一番大事なメリットですね。
たかが数日から1週間そこらの経験ですが、侮ることなかれ。そこで感じたなんとなくの雰囲気、得られた情報は進路を考える大きな判断材料になりえます。

私の場合は『面白いかそうでないか』『やりがいは感じられそうかどうか』『仕事を通して得られるものは何か』というところを考えたのですが、環境系の仕事はやめようと2週間のインターンシップを参考にしつつ決めました。環境系の仕事に就いてしまうともう他の業界に進むことは難しいですし、年功序列ぎみの雰囲気も好きになれませんでした。何より環境保全をしてもやりがいを感じられないとも思いました。若いうちから裁量権があったり、色々な人の人生と関わる仕事がしたくなったのです。
というわけで最終的に私は人材業界で就職。自然を扱う仕事から人を扱う仕事へと180度変わったわけですね。

実りのあるインターンシップだったので、人生において最大級にインパクトのある進路決定ができました。

第4章:インターンの少しの苦労が将来のキャリアを決める

いかがだったでしょうか。
ここまでをまとめると

・業界研究とは、いろいろな業界の種類や内容を知って、自分に合った業界を見つける作業
・業界研究をしないと本当にまずい
・効果的な業界研究の進め方の一つはインターンシップへの参加
・インターンシップに参加する業界研究へのメリットは3つ
➀いろいろな情報が得られる
➁他の就活生とのつながりが得られる
➂自分に向いているか決める判断材料になる

何度も言いますがインターンシップは本当に業界研究に役立ちます。
1週間とか行くのはちょっときついなって方でも、ぜひ重い腰を上げてチャレンジしてみて欲しいです。
1週間の苦労で、今後数十年のキャリアが変わる可能性がありますよ。

私の内定先である綜合キャリアグループでは現在『インタツアー』というサービスを展開しています。
インタツアーとは、学生自身が各企業を実際に訪問(オンラインも開催)し、会社の特徴や職場の様子を見学・取材、そして最後に、ビジコミという口コミ掲載サイトに口コミを投稿し、さらには報酬まで貰えてしまうという、斬新な就活ツールです。
企業説明会やインターンシップのいいとこどりをしながら、お金ももらえてしまう素晴らしいツールなので、ぜひチェックしてみてください。
詳しくはこちら↓
【得られるのは情報だけじゃない…!?】家でも出来る本格的な就活!インタツアーの真相に迫る!

また、綜合キャリアグループでは、人材業界、HRビジネスについてまるっと体験できるインターンシップを開催予定です。
・経営目線から見る業界の面白さ
・営業やコンサルティングってどうなの?

ってところを体験できるので人材業界志望の方には業界研究に役立つこと間違いなしです。
私が3年生の頃だったら間違いなく参加していたと思えるインターンシップなので、マジおすすめです。
ぜひ参加のご検討を!
Create Innovation 1dayインターン

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー