矢印

採用コラム

2020.09.10

初めての選考、1歩リードするためにやっておきたいこと

みなさんこんにちは!
2021卒内定者のながどんです。インターン活動で記事を書かせていただいてます。
前回は私が大切にしているチームワークについて、記事を書きました!
リンクを貼っておくので、ぜひこちらも読んでみてください(^O^)
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200806_2522/

さてさて、それでは本題に入ります。
前回とは少し視点を変えて、今回は選考についての記事です。

夏が本格的に始まり、就職活動も本格化してきている時期かと思います。
サマーインターンに選考があったり、早期選考が始まったりと、これから初めて選考を受けるという方も多いのではないでしょうか?

初めての選考。何をすればいいんだ。ってなりますよね。
そんな不安を解消したいあなたへ、選考を受ける際にやるべきことをご紹介します!
私の体験をもとに書いていくので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください!

1.意外と知らない?就活の目的

いざ就活を始めよう!と考えたとき、まずイメージするのは就活=仕事を決める、ではないでしょうか。たしかに就職活動は就職するために行うものなので、間違ってはいないです。
でもその視点のみで就活を進めてしまうと、「好きなことを仕事にしよう」「とりあえず条件が良さそうな会社にしよう」という考えのまま、曖昧な就職活動の終わりを迎えてしまうことになりかねないです。

最初は私も、とりあえず良い印象を持っている企業にエントリーしてみようという気軽な感じで就活を始めました。ですが実際に就活をしてみて気づきました。「この仕事がしたいんです!!」だけでは通用しないのだと。。

自分ではこの仕事があっている!と思っていても、採用する側にとっては、その企業にマッチしているかどうかが重要になります。
そう考えたきっかけとして、「この業界に向いていると思う。」と面接で伝えられたのに、選考には落選したという経験がありました。
仕事に対する思いは伝わったけど、企業の社風とは合っていなかったことが原因だったのだろうと思います。

そこで私の就職活動への考え方は大きく変わりました。
ずばり、就活とは”価値観のマッチング”です。わかりやすく言うと、”大切にしているものが自分と一致している”企業を選ぶ。これが最も満足したカタチで就活を終えられる方法であると考えるようになりました。

やりたいことを仕事にすることはもちろん悪いことではないです。しかしそれだけではもし就職できたとしても、「思ってたのと違う、、転職しようかな」という状況になってしまう危険があります。
その一因として、新卒はほとんどが総合職採用であることが挙げられます。そこで、もし自分がやりたかった職種につけなかった場合、何をモチベーションにしますか?
希望する仕事内容だけをモチベーションに就職したとしたら、一気にやる気がなくなってしまうかもしれません。では何を大切にすれば良いのか?

私は、社風や価値観が一致していれば、どんな仕事内容でも自分の望んでいた働き方ができる!と考えています。
社風や価値観は基本的に不変なものです。そこに共感して入社したのであれば、仕事内容がどんなものでも自分らしく働けますよね。

自分らしい働き方をしたい。だからこそ本当の意味で”自分に合った”企業を選ぶための就活をしたい!
ではそのために何をすればよいのか?次の章から紹介していきます。

2.初めての選考!受ける前にやるべきことは?

1章で伝えたものの、いったい本当の意味で自分に合った企業とは何なのか。「それがわからないから苦労してるんじゃ」というツッコミが聞こえてきそうです。(私は思ってました)
正直にぶっちゃけると、これは実際に選考を受けてみなければわかりません!

理由を説明しますと、
先ほど就活は価値観のマッチングであるとお伝えしましたが、マッチングは自分と相手がお互いに価値観を共有することで成り立ちます。そのため選考を受けて社員の方と情報交換をすることが必須なのです。

したがって、少しでも興味がある企業の選考は、まず受けてみることをおすすめします。ですがただ受ければ良いというものではありません。選考の中でマッチングを図るためには準備が必要です。
選考前にやるべきこと、それが自己分析です。

相手(企業)が自分に合っているかどうかを判断するためには、まず自分のことを理解していなければならないですよね。「自分のことは自分でわかっている」と思うかもしれませんが、しっかりやってみると案外新しい発見があるものです。
無意識にしてきた言動にも「背景にこんな考え方があったんだ」という気づきがたくさんあります。
そうして自己理解を深めることが、自分に合った企業を探すうえで大切になるポイントです。

ここからは実際に、私の体験を踏まえた有効的な自己分析のやり方をお伝えしていきます。

<私の自己分析手順>
①これまでの人生で大きく感情が動いた出来事を書き出す
②その出来事が起こったときの感情を書き出す
③プラスとマイナスの感情に分け、自分はどのようなときに心が動くのかを分析する

ざっくりこんな感じです!詳しく解説していきます。

①:ここでは物心ついたあたり(小学生くらい)からの人生イベントを書き出します。
ex)体育祭でリーダーを務めた、部活動の大会で優勝した、テストで学年3位だった、など
印象深い出来事はそれだけ思い出しやすいので、思い出したことをどんどん書いていきましょう!
②:その出来事が起こった際に、自分はどう感じたか?また、その過程に困難はあったか?を書いていきます。
困難があった場合はどのように乗り越えたかも書いておきましょう。
③:①,②をプラスとマイナスの感情に振り分けることで、自分のモチベーションが上下するポイントがわかります。プラスの感情からは、何をしているときが充実した気持ちになるのか。マイナスの感情からは、自分は何のために頑張れるのか。これらを理解すると、自分はこんな働き方でなら活躍できそう!いうことが見えてきます。

実際に私の例を挙げてみます。
(1)バスケットボール部で地区予選を勝ち抜き、県大会に出場した
(2)これまでの練習の成果が認められて嬉しかった。試合途中には苦しい時間もあったが、チームの勝利のためならと思うと最後まで頑張れた。
(3)プラスの感情。
→成果を出して周囲に認められること、チームのために動くことが自分のモチベーションにつながる。

こんな感じでやってみると、自分の頑張れるポイントが理解できます。
グラフ化してみるとさらに見やすくなるのでおすすめです◎

私の例を見本として挙げておきます!

実際にこんな感じで書いていました!

次の章では、この自己分析を選考中にどう活かすのか?をお伝えします!

3.就活の軸を定める方法!

自己分析ができて終わりじゃいけません。これをどう活用していくかが重要です。
ずばり!自己分析を利用することで、就活の軸を定めることができます。

就活の軸という言葉もよく耳にしますが、これは就活をする上で欠かせないものになってきます。就活の軸は選考中に自分と価値観がマッチするかどうかの判断基準になりますし、複数社から内定をもらった際の最終的な決め手にもなります。

2章の具体例から考えてみると、
・成果を出して周囲に認められること→成果が目に見えて、評価される環境
・チームのために動くこと→個人ではなくチームで働ける環境

このような軸を作成することができます。

様々な軸を作成してみて、その中でも自分が最も大切にしたいのはこれだ!というものを見つけると、最終的な軸として定めやすいです。
これを利用すると、感覚で良いなと思った企業でも、自分の軸に当てはまらなかったら価値観が違うのではないか?という判断ができるようになります。この視点を持ちながら選考を受けていくことで、本当の意味で自分に合った企業が選べるのです。

実際に私は、”チームで働ける環境”を就活の軸として持っていました。
私は個人主義で活動するよりも、チームのために頑張るほうが高いパフォーマンスを発揮することができると気が付いたためです。

必要な時にチームを組む、という企業は多くありますが、SCGは日常的にチーム制を採用しています。
この常にチームで動けるという点が、私の軸とマッチしていました。
他にも理由はありますが、この軸とのマッチが大きな決め手となり、SCGへの入社を決めました!

このように自分の価値観を軸として定めておくことで、本当にマッチする企業に出会うことができます!

4.準備万端の就活で1歩リードしよう!


いかがだったでしょうか。自己分析や就活の軸の大切さが伝わったでしょうか?

最後に、私がなぜこの記事を書いたかをお伝えしたいと思います。
それは、私自身が準備が遅かったと感じた部分があるからです。
自己分析や就活の軸の大切さに気がついたのは、SCGの選考を受けてからでした。SCGの選考を受け始めたころ、私は何も準備をしていませんでした。ですがSCGの選考中に人事の方とのやり取りの中でしっかり自己分析をすることができ、満足して就活を終えることができました。
最終的に、しっかり軸をもって就活に臨むことでゴールに近づける!と実感したため、これを読んだ皆さんが早めに準備を始められることを願っています!

SCGの採用コラムにはまだまだたくさん有益な情報が載っているので、ぜひ他の記事も読んでみてください!!
最後まで読んでいただきありがとうございました^^

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー