矢印

採用コラム

2020.09.10

【出遅れなんて問題ない!】 秋の業界研究前にやるべきたった1つのこと

【出遅れなんて問題ない!】 秋の業界研究前にやるべきたった1つのこと

はじめまして、綜合キャリアグループ2021年内定者のタカです。
大学ではテニスサークルで副代表を務め、毎週2日間はテニスをしていました。真面目にテニスをするタイプのテニサーでした(笑)
その活動が3年生の11月まであったため、就活は周囲より遅いスタートでした。
しかし、弊社、綜合キャリアグループから内定を貰い、無事に就活を終えることができました。
本記事では、そんな私の体験談をもとに、「こんな話聞きたかった」と少しでも思ってもらえるような情報をお届けします!

さて、夏のインターンも終わり、いよいよ就活が現実味を帯びてきた人もいるのではないでしょうか。一方で、夏に行動できず、周りと比較して焦りを感じている学生も多い時期かと思います。私は後者でした(笑)
しかし、決して遅くはないので、焦る必要はありません!

就活はやり方を知れば、誰でも、早くに、内定を貰うことができるのです!


そこで、私の経験を通して、内定を貰うために大切なポイントをお伝えします!
これを読めば、夏の出遅れなど小さな問題だと思えるはずです!

1章 筆者はどんな就活をしたの?

 私は大学3年生の12月から本格的に就活を始め、4年生の6月に終了しました。夏に活動をしていなかった私が、どのような就活をしたのか。
それについて時系列でまとめます。

■12月以前 ~危機感と焦りのみで、行動はせず~
ゼミやサークルの活動を優先し、就活はあまりしていませんでした。周りの友達からインターンに行った話を聞いて危機感を覚え、四季報や業界地図を購入。しかし、やりたいことを悩んでいるうちに、気付けば12月に…

■12月 ~就活スタート!~
いよいよ就活をスタート!先輩の勧めで紹介会社に登録し、それ経由で合同会社説明会や、個別の会社説明会に参加し始めました。

■1月 ~初の内定獲得!~
紹介会社経由で何社か選考に進ませて頂くようになりました。面接では、緊張して体が震えていました(笑)
それでも、ある物流会社さんから営業として内定を頂きました。人生初の内定!さすがに嬉しかったですね。「こんな自分でも必要としてくれる場所があるんだ」と感じました。

■2月 ~方向性の大転換~
1月末に大手ハウスメーカーさんから内定を頂いていました。
その返答期限が2月中とのことで、本当に悩みました。
詳しくは第2章にて後述しますが、この時が私の就活の大きなターニングポイントでした。

■3月 ~就活をリスタート!~
2月の葛藤を経て、気持ちを新たに、就活をリスタート!
そう気合を入れた矢先、コロナウイルスの影響が本格化しました。タイミングが悪い…「2月に終わらせるべきだったかな」という不安に駆られました。

■4・5月 ~コロナの影響を受けて~
コロナウイルスの影響により、選考の延期や中止も経験しました。
その中で、自分の価値観に合った企業を探しました。

■6月 ~綜合キャリアグループの内定~
5月に出会い、興味を持っていた綜合キャリアグループから内定を頂き、無事に就活を終えることができました。

2章 二の舞は踏まないで!私の失敗談

1章でご覧頂いたのが私の就活の概要です。
その中で最も悩んだ時期は2月で、某大手ハウスメーカーの内定をどうするかという問題でした。
今から思えば、本当に贅沢な悩みですね(笑)
しかし、当時の私としては、「選択を間違えれば人生が終わる」くらいの大問題だったのです。

この記事をお読みの皆さんの中で、できれば大手に行きたい!と考える方も多く居るのではないでしょうか?私がまさにそうでした。
「大手の方が給料よさそう!」「有名な大手企業の社員って響きがいい!」そんな価値観が強くありました。
そのため、内定が出た直後は、2月で就活を終わらせる予定でした。家を売るというお仕事に魅力も感じていました。しかし、より深く自分を見つめ直すと、本当にこの会社でいいのかという疑問を感じるようになりました。
それでも、せっかくの大手の内定を手放す勇気が湧かず、葛藤の日々を送りました。

そして私は、悩み抜いた末に、お断りすることを決意しました。
この時の私の思考については、3章で後述します。

初めから方向性が定まっていれば、もっと有意義な時間の使い方ができたはずです。
これが、私の就活における、唯一にして最大の失敗です。

では、私の何が間違っていたのでしょうか?
答えはそう、自己分析です。

3章 業界研究に直結する、自己分析のやり方

このような経験をしてきた私だからこそ、これから就活を控える皆さんには同じ経験をしてほしくない!
ということで、私が実際に行った、秋から始めるべき自己分析のやり方について3つのステップに分けてご紹介します。

■ステップ① 将来の理想像を、思いつく限りたくさん描く
やはり、将来どうなりたいかというゴールを設定することは必要不可欠です。
野球選手になりたいと思っても、毎日家で本ばかり読んでいては、夢は実現しないですよね。
それと同じで、まずはゴールを定め、それが実現しそうな道を探しましょう。
これは、なるべく具体的に考えましょう。

  • 例①
  • 例②
  • 例③

■ステップ② 過去の経験から、モチベーションが上がる瞬間を考える
実際、仕事をするということは、辛く苦しい時期も乗り越える必要があるはずです。
その時に、自分のモチベーションを高めてくれるのが何かを理解しておくことは非常に重要です。

  • 例①
  • 例②

人には誰しも適性があります。
“バスケの神様”マイケルジョーダン選手は、最初は野球選手として活躍することを目指していたそうです。しかし、バスケ選手に転向したことで、世界的大スターとなりました。
このように、皆さんも、自分が力を発揮できる環境を探してみてください。

■ステップ③ 共通点のある業界、仕事を探す
①②の内容から、その両方を満たせる業界や仕事を絞ります。この時、明らかに自分に向いていないと思われるものでも可能性を除外しないでください。


・まとめると、
ステップ① 将来の理想像を、思いつく限りたくさん描く
ステップ② 過去の経験から、モチベーションが上がる瞬間を考える
ステップ③ 共通点のある業界、仕事を探す
     ※自分に向いていないものも可能性を除外しない。

ちなみに、私が大手ハウスメーカーの内定をお断りした際の自己分析は以下の通りです。

この中で、特に赤文字の点を大切にしたいという気持ちが強いことに気付きました。
しかし同時に、ハウスメーカーでこれらを叶えるのは難しいと感じました。

①「家」という形ある商品(有形商材)を売ることは、サービスなど(無形商材)を売るのに比べて、商品自体の魅力が重要になりやすい。
 また、「B to C」(消費者向けサービス)では、質よりも価格を重要視することが多い。
②個人向けのため、世の中への影響力は小さい。

 これらは私の個人的見解ですが、このことから、「無形商材」を扱い、「B to B(企業向けサービス)」の企業が適しているのではないかと考えました。そのため、お断りすることを決意したのです。

入る企業を選ぶとなると、どうしても「有名なところがいい」「福利厚生がしっかりしているところがいい」と思いがちではないでしょうか。しかし、「本当に夢を叶えられそうな環境なのか」「入った後に合わなかったと投げ出してしまわないか」など、将来のために、今の自分を見つめ直せることが、自己分析をやる価値です。
難しく考え過ぎず、七夕の短冊に願いを書くような感覚で、夢を書きだすことから始めてみてください。

4章 自己分析で3年後の自分を救え!

ここまで、自己分析の重要性と、その方法について書きました。
最後に、改めて自己分析が重要であること、また多くの学生がそれをできていないことをお伝えします。

「3年3割問題」
この言葉を聞いたことはありますか?
これは、大学卒の約3割が3年以内に離職してしまっているということです。(表を参照)

〈表 就職後3年以内離職率の推移〉
出典:厚生労働省 学歴別就職後3年以内離職率の推移
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556419.pdf

想像してください。あなたの周りで、就職活動を必死に頑張ったお友達の3人に1人は、3年後そこに勤めていません。
何のための就職活動だったのでしょうか?もちろん、ステップアップや、やむを得ない理由によって離職する方たちもいます。しかし、多くの人は、理想と現実のギャップに悩んでしまうのです。
こうならないためには、自己分析をしっかりする必要があります。
目先の就活のためだけでなく、将来の自分のためにも自己分析を行いましょう。
それは結果的に内定を早く貰うことにも繋がり、一石二鳥です!

さいごに

夏のインターンに出遅れ、危機感を覚えている皆さん!
安心してください。追いつけます。
むしろ、インターンに参加しただけの学生とは、あなたが思っているほどの差は開いていません。
確かに、SPIの準備や資格の取得、インターンなどを内定に向けて取り組むことにも意味があります。
しかし、1番内定に直結し、かつ将来の自分のためにもなるのは、早くからの自己分析です。

冒頭で、「就活はやり方を知れば、誰でも、早くに、内定を貰うことができます!」とお伝えしました。それはなぜか?
簡単です。早い時期に受ければ、企業も採用しやすいからです。

例えば、コロナ対策として配られた10万円がありましたよね。もしあなたがそれを受け取った直後に、500円の漫画が欲しくなったらどうしますか?よほど慎重な人でない限り、即購入しますよね。
しかし、残り残高が1,000円ならどうでしょう?本当にそれが必要か、よく吟味しませんか?これと同じです。
採用枠に余裕がある時期だと、内定を貰いやすいのです!
そのためには、早めに自己分析を行い、志望企業を絞らなければなりません。

焦らず、今この瞬間から、内定に向けた準備を進めてみてください。
皆さんの朗報を、心から願っています!

自己分析についてもっと知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

継続は力なり!一度で終わらせない自己分析があなたを強くする
【目標が見つからないあなたへ】就活とは今までの人生と自分自身と向き合うこと⁉

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー