矢印

採用コラム

2019.12.28

<入社を決めた理由/内定者編>~就活って何する場?イメージが少し湧く体験記~ 和田夕陽

<入社を決めた理由/内定者編>~就活って何する場?イメージが少し湧く体験記~ 和田夕陽

ゼミ合宿で青森に行ったときの写真(左上)

はじめまして!!この記事をみていただきありがとうございます。
綜合キャリアグループ(SCG)2020年卒内定者の和田夕陽(わだゆうひ)です。

就職活動を経験した身として、みなさんにとって少しでも有益な情報になればという願いを込めて、自分自身の就職活動を振り返ります。

● 漠然と「成長したい」
● 就活を進めるにあたってどう動けばいいかまだイメージがついていない

という人には特に読んでほしいです。

1.大学生活での経験と、就活をざっと振り返り!

「学生時代力を入れたことは何ですか」よくある質問です。
僕の場合アルバイト(塾講師と飲食店)やゼミなども人並みに取り組んできましたが、一番印象的なのがボランティア活動でした。

大学受験に失敗し、漠然と「何か頑張りたいな」と思っているときに出会ったのが全国に約4,000人の会員がいるNPOでした。最初は熊本地震の救援から始まり、その後も災害救援や地域活性化を中心に、今でも活動を続けています。

現場に行って活動、だけではなく100万円近いお金を管理したり新入生向けの研修を行ったりと、大学入学前には想像もしていなかったような幅広い経験をさせていただきました。

学生役員という役職をしていて、選挙で演説をしたことも!笑

就活は3年生の7月から。周りと比べると早いスタートではありましたが、アルバイトやボランティアもペースを落とさず続けていたため、就活一本ではなくゆったりと進めていました。自分のやりたいことや忙しい時期を踏まえてあらかじめ計画を立てることで、比較的余裕を持てました。具体的なイメージが湧くように手帳を見ながら就活時のスケジュールをざっくり振り返ってみます。ただ、あくまで僕のスケジュールなので進め方は人それぞれです。

このように、実際に就活を終えたのは7月です。なかなか内定が出ない時期や会社選びで悩んだ時期もあり焦っていました。そんな1年間を振り返り、やってよかったこととうまく出来なかったことを記していくので、参考にできるところを見つけてくれると嬉しいです!

2.やってよかった!おすすめ習慣

(1)毎回の説明会、選考前にテーマ設定!
何社も続けて説明会に足を運んでいるとマンネリ化してきます。せっかく時間を使って来ているので、毎回事前に準備をしてから取り組むようにしていました。何を知りたいか、どんな質問をするかを事前に考えておくと説明が頭に入りやすくなりました!

説明会や選考を通してずっと意識してきたのは、笑顔と相槌です。『説明会のときにめっちゃしっかり聞いててくれた子だよね!』と声をかけてもらったこともよくあります!

(2)準備万端!早めの到着
説明会や選考の場所は初めて訪れるところばかりです。そこで、少し早めに行って近くのカフェで話す内容や聞きたいことをまとめるようにしていました。

コーヒーが好きということもあって、毎回リラックスして臨むことができました!

ただ、就活が終わった今でも空き時間があるとすぐにカフェに入ってしまいなかなかお金がたまりません(笑)

3.失敗は成功の元! やってみて分かった反省点

(1)企業選びの決め手は?定まらない軸
モチベーショングラフ(これもおすすめですが、長くなるのでネットで調べてみてください!)を中心に自己分析を進め、4月ごろからは業界を絞っていました。

ただ、その中でもどの企業を選ぶか、どんなことがしたいかがあいまいで、似たような事業内容や仕事内容であればどの企業も魅力的に感じてしまいました。最終面接で聞かれた『うちと他の会社で内定もらったらどうする?』という質問に自信を持って答えられないときもありました。

「やりたいこと」を実現できる会社は一つではありません。だからこそ
「仕事を通してどんな自分になりたいか」
を考えることが大切になります。これをとにかく考え、深掘りすることで企業選びの軸も明確になり、選考の通過率も格段にアップしました!

(2)独学は危険?頼れる人を見つけよう
もともと周りに流されやすいタイプと自覚していたので、自分の将来は自分で考えようと思っていました。大学が家から遠かったこともあり、キャリアセンターもいまだに行ったことはありません。(笑)先ほど書いたように、他の会社で内定もらったらどうする?の質問で悩んだときにも答えが出ないまま一人で悩み続けていました。

そこで、選考で出会ったリクルーターの方に思い切って話してみると、親身に相談に乗ってくれました。
人に話すことで整理でき、フィードバックももらえるので自分ひとりでは気づけないことについても考えることができました。

先輩社員や先輩や親など、自分の信頼できる人を見つけてうまく頼るのがおすすめです!

4.なんでSCGを選んだのか

就活を続ける中で、「人が意志を持ち、それを実現するサポートができること」「少子高齢化の影響を受ける今後の社会で不可欠な仕事であること」から、教育や人材といった業界に魅力を感じるようになりました。

数ある企業からSCGを選んだ理由を一言で表すと、「誇りを持って働きながら、なりたい自分へと近づける」と感じたからです。

(1)社員の魅力
SCGが大切にしている考え方に「エンプロイアビリティ」というものがあります。「当たり前のことを当たり前に」「目的・目標に向かって仲間と協力して仕事を進めていける」など、要するに「この人と一緒に働きたい」と思わせる能力です。

選考を受ける際に感じたのは、オフィスで『こんにちは』の声が飛び交っていたり、社員の方々の対応が丁寧だったりと、単なるスキルだけでなく人間性を高められる場だと感じました。

(2)大手とベンチャーのいいとこ取り
「大手とベンチャーどっちがいいの」と二項対立で捉えられることが多いですが、SCGにはどちらのメリットもあります。

昨年度の売上高の伸長率は124%、ROE(自己資本利益率)は上場企業の平均約11%に対して29%と、いわゆる大企業と比較しても抜群の収益と安定性を誇っています。

賞与や研修に関しても整っている一方、入社歴に関わらず新たな仕事に取り組める部会制度があったり新卒でグループ会社を立ち上げた方がいたりと、若いうちから裁量を持って仕事が出来るという側面もあります。

当時の採用コンセプトであった「3倍速の成長で描く、30歳の自分」を実現できる環境だと強く感じたことから、入社を決めました!

5.おわりに

就職活動はただの企業探しではなく、やりたいことやなりたい自分への筋道を立てる場です。

この記事で何度も「成長」という言葉を使いましたが、自分自身がどんな成長をしたいのか、まずは考えてみてください。

僕自身は30歳になったとき

・環境に不満を言うだけでなく変えていける姿勢やスキルを身に付けている
・常に目標を持って、仕事を楽しんでいる
・自分だから任せてもらえる仕事がある

という目標を掲げ、そんな力が身につく環境に惹かれSCGを選びました。

この記事を読んでSCGに興味を持ち、説明会やインターンに参加してくれると嬉しいです。そしてもし選考途中や入社後に会えたらと思うとわくわくしています。(笑)

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー