矢印

採用コラム

2018.10.03

新入社員のリアルなつぶやき第22話:~好きになる努力をしよう事件~

新入社員のリアルなつぶやき第22話:~好きになる努力をしよう事件~

こんにちは! おなじみのビビリー野です。
先日、友人に誘われて、興味本位で滝行に行ってきました。
半日の修行でしたが、先に住職さんのお説教を聴き、お百度参りをし、いざ滝へ!

ゴオーゴオー!という滝の音や声、プールより冷たい水に最初はビビりました。
滝には順番に入ります。

4人が終え、3人が終え、2人が終え…
自分の前の人は、唇を真っ青にして、ガタガタ震えていました。

そして…とうとう自分の番!
つめたっ!と思いながら少し辛抱し、20秒間くらい滝に打たれると…
なんと!!体に変化が!!!
足から体全体がポカポカし始めたのです!
(ちなみに、滝に打たれるときは、胡坐をかきます)
体験しないと分からないであろう不思議な体験でした。

知らない世界に飛び込むことには勇気が要ります。
が、いざ飛び込んでみると、意外な発見があるものです。

ですので、みなさん、案外飛び込んだ方が早いかもしれません。
何事においても。
できないって決めているのは自分です。
自分の心のブレーキだけなんです。
できないなんてことはないんですっ!!(アツっ)

ビビリー野は、滝行を通して大切なコトを学び、ひとまわり成長するのであった。Fin…

あ、間違えた。
まだ本文入ってなかった。
アイスブレイクだけで終了しそうでした。

さてさて、本題に入りますかねぇ。

今回は、「自分人を好きになってもらうには、まず自分からその人に興味を持つこと」。
本日も、鬼山さんから学んだ大切な考え方を、エピソードと共にお伝えします。

それは、配属されて間もなく、まだ桜が咲いている頃。


(私の新卒1年目の配属地、長野の風景(イメージ)。桜は5月でも咲いていた。)

まだビビリー野が入社間もない頃は鬼山さんは、まだ「鬼」というほどではなく、「小」鬼くらいだった。

(成熟した「鬼」山さんを知りたい方は、バックナンバーをご覧くださいませ。)

鬼山さんの営業同行からの帰り、5回目のアポでやっと受注がもらえた「小」鬼山さんは、車内でわりかし機嫌が良かった。

ビビリー野:「さすがですね!鬼山さん!受注おめでとうございます。」

鬼山さん:「いや、最初に訪問した時は、もう二度と来ないでください!なんて言われたんだよ、実は。」

ビビリー野:「そうなんですね!」

鬼山さん:「ビビリー野さんは、その人に好かれたい時、どういう努力をする?」

ビビリー野:「ど、どりょくですか。」

鬼山さん:「企業担当者も人なんだよね。だから、まずはその人のことを知ろうとすることが大事。今回の人事担当Sさんだって、時計がブランドLだったから、自分は買えはしないけど、今どんなLが流行っているのかを事前に調べて、そこからアイスブレイクを入れることで仲良くなれたんだよね。」

ビビリー野:「なるほど・・・。」

鬼山さん:「自分から、その人が好きなものってなんだろう? 何を貰ったら、どんな言葉をかけてもらったら、嬉しいんだろう? と知りにいかないと。自分が好きじゃない企業担当者だって、自分から好きになる努力を怠ったら、いつまでたっても受注はもらえないよ。」

ビビリー野:「確かにそうですね。」

鬼山さん:「うちが扱っているのは無形商材。だから、人が介在する意味を考えなきゃいけないよね。どんなに、成果を上げている営業マンだって、苦手な企業担当者は必ずいるよ、人だもん。だけど、そこで逃げてたら、ずっとそのまんま。その人を知りに行く、自分から興味を持つことが大事なんだよ。気に入られるかどうかは別として。」

ビビリー野:(確かに、自分から好きになる努力をしなければ始まらない!)

【まとめ】
学生のうちは、好きな人や、気の合う人と一緒にいれば良かったかもしれません。
しかし、社会人になると、周りにいる人や関わる人が、みんな自分の好きなタイプ、自分と気の合うタイプとは限りません。会社は、仲良しこよしの関係性を築くためにあるわけではないので、利益を上げるために、企業様つまりクライアントにいかに受注をもらうかを考えなければいけません。

ビビリー野はその日から、鬼山さんが何を好むのかを考え、鬼山さんを知ろうと努力し始めるのであった。ちなみに鬼山さんは、ブラックではなく、微糖派。

Fin

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー