矢印

採用コラム

2018.09.12

<入社を決めた理由/内定者編>~働くことは生きること~江頭龍哉

<入社を決めた理由/内定者編>~働くことは生きること~江頭龍哉

就活の準備の仕方と仕事選びに対する自分の考え方、就活から学んだ自身が綜合キャリアグループに決めた理由を伝えたい。

▼ 目次
  1. とりあえず始めた就活
  2. 綜合キャリアグループとの出会い
  3. 働くことは生きること

とりあえず始めた就活

私は比較的遅い時期から就活を始めました。就活は4回生からという勝手な思い込みと将来自分がどんな仕事をしているのかのイメージが湧かなかったので、なかなかやる気が起きませんでした。周りをみれば自分の知らない間に夏休みを使いインターンシップや合説に行っている人、SPIの勉強を始めている人ばかりで出遅れていました。
何事においても「今からでも間に合う!」というフレーズをよく聞きますが、就活に関しては早めに始めることが一番大事です。

年が明けて「自分がやりたいことは何か?」「それはどの業種ならできるのか?」と考えはじめ、インターンや合説に行きました。様々な仕事がありどの仕事も必要とされること、そこの社員の熱意を感じることができ働くことは甘いことではないと考えさせられました。普通に考えればこれから約40年働くわけで生半可な気持ちではこの就活は終われないと思いました。どんな仕事に就くかを考えるうえで軸を見つける作業をこの段階で始めました。

この頃の私は、給料が良いかや福利厚生がしっかりしているなどデータとして目に見える部分でしか考えておらず、メディアや広告の学科に通っていたことから「メディア系の仕事を見つけることができればいいなあ」とぼんやり思っていました。

綜合キャリアグループとの出会い

そんな時、合説出会った会社が綜合キャリアグループでした。
初め、私が行きたい会社の近くに綜合キャリアグループのブースがあり開始時間まで時間があったため時間つぶしの意味合いもあり行きました。第一印象は何をする会社かわからず、「3倍速の成長で描く30歳の自分」というテーマがいたるところにあり「よく分からん会社に来たな」と思うくらいでした。

しかし、話を聞いてみると予想を覆すものでした。今まで主に話を聞きに行っていた会社はモノづくり、つまり自分たちで何かを生み出す有形の会社でしたが、人材会社は自分自身が商品となりその会社の顔としてクライアントの上層部の方々とお話しすることができ圧倒的な成長が出来ることを知りました。綜合キャリアグループは様々なサービスを展開しておりクライアントの要望に全力で応える力があります。自分の軸は「圧倒的な成長感」「人の人生に影響を与えることのできる仕事」に決めました。このように、就活のはじめは軸が決められなくても、様々な企業の話を聞くことで、具体的な軸を決めることができます。ですので、興味のある業界だけではなく、「自分が将来どうなりたいか」を達成できそうな会社を自ら知りに行くべきだと思います。

働くことは生きること

「働くことは生きること」これは私の軸です。人生の半分以上を占める仕事で経験した楽しさ、喜び、挫折、悲しみ、怒りといった感情は人生で生きていく糧になり人として成長させてくれるものです。例えば、楽しさを感じない会社で働いているとしたらそれは人生も楽しくないという考え方です。だからこそ真剣に今企業を見定めていく必要があります。綜合キャリアグループの面接や社員の方との話、人材会社の本を読むことで私は1つ目標が出来ました。それは中学、高校からの働くことに関してのキャリア育成です。それを綜合キャリアグループで達成できると感じたので入社を決意しました。

私は、大学生になってアルバイトをしていても「社会人になるイメージ」がつがず、就活を始めるまでどんな仕事がしたいなど何もありませんでした。なので、学生の内から「この仕事がしたい」「こうなっていたい、だからこの高校に行こう!」「この大学でこの学部に入れば夢に近づく!」など夢があるのであれば、その思いを大切にしてください
目標をもって学生生活を送ってください!


留学時


中学のバスケ部で県大会優勝

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー