矢印

採用コラム

2018.05.07

SCG社風深堀り! ~内定者研修インターン編~

SCG社風深堀り! ~内定者研修インターン編~

みなさんこんにちは!チョ突さくらです。
就活真っ只中の皆さん、どういう基準で職場選びをしていますか?
「せっかく新卒として入社するなら、どんどん成長できて、本当に自分のためになる研修を受けられる会社がいいな」と考えている方も多いのではないでしょうか。

綜合キャリアグループでは入社後はもちろん、入社する前から自分の希望でやってみたい研修インターンシップに挑戦できる制度があります。

今回は、この春入社したばかりのO君が、綜合キャリアグループに入社を決めてから4月までの半年で大成長した研修エピソードをご紹介します!
当社の研修スタイルは、いわゆる「やらされ」とは全く違っています。

▼ 目次
  1. なんとか、憧れの会社から内定をもらった!
  2. チャンスの神様は前髪しかない
  3. 思うようにいかない日々
  4. 努力のその先
  5. 慕われリーダー
  6. これからが始まり

1.なんとか、憧れの会社から内定をもらった!

―正直、最終選考は自信がなかった。
「あああー終わったー(いろんな意味で)」
緊張しすぎてカミカミ、準備してきたことの3割も言えなかった。最後に質問されたことに何て答えたかさえハッキリ思い出せない。ただ、元気さだけで何とかその場をしのいだ。

だから、「内定」という2文字を目にした瞬間はとても信じられなくて、でも嬉しくて、こんな気持ちはいつぶりか思い出せないほどだった。

後になって聞いた話だけど、やっぱり僕はギリギリ合格だったらしい。

2.チャンスの神様は前髪しかない

こんな話を聞いたことがある。「チャンスをくれる神様は前髪しかないから、通り過ぎてからだと掴めない」。思わずどんな風貌かと想像してしまうが、要するにチャンスが来たらすぐ掴むことが大事だという教えだ。

僕はこの会社に内定をもらってから、大学を卒業するまでどう過ごすかをあまり決めていなかった。授業はもうほとんどないし、やらなければいけないことはほぼ終わっている。だからといって遊んで半年暮らす…?

何かないかな、と漠然と思っている時に内定先から「研修インターンシップ」の案内が来た。立候補制らしい。
チャンスの神様が、来た。

3.思うようにいかない日々

自慢ではないが、僕は不器用なほうだ。早く手を挙げたおかげで希望していた「学生JC」の特別インターンシップ枠に入ることができたものの、何をやっても周りより後れを取っている気がした。ちなみにこのインターンシップでは、未だ学生の身分でありながら自分の名刺を持たせてもらえて、世の中の企業担当者相手に電話や訪問が数多くできる。研修とはいえ、もろに実践型で、なかなか他では体験できないインターンだと思う。

学生のチームながら、社員の方がすぐ側についてくださるのも特徴だ。
「Oさん、この企業への連絡、どうなった?」
「…すみません、まだ電話してなかったです」
「自分でやりますって、言ったよね?」
そうだった。企業様への連絡役、これもチャンスだと思って引き受けたのに、他の業務をしているうちにいっぱいいっぱいになって忘れていた。また、やってしまった。

4.努力のその先

そんなことがあってから、僕は知識や経験は先輩より劣るけどスピードだけは速くしよう、やると決めたことはすぐやろう、ということを誓ったのだった。ごく当たり前のことだが、当たり前のことを徹底するだけで、不思議とやれる仕事は増えていった。

そして、2回目のチャンスが来た。
「Oさん、リーダーやってみない?」
驚いた。自分よりリーダーが出来そうなメンバーは沢山いる。なのに、声を掛けてくださった。社員の方は、自分の努力を見ていてくれたんだ、と嬉しくなった。
「やります!ありがとうございます!!」

5.慕われリーダー

もちろん、リーダーの仕事も失敗ばかりだったし、周りに支えられて務められた感が強い。ただ、これが僕にとって良い転機になったと今振り返ると思う。

「Oさんって、愛されキャラですよね。リーダーでも、ワンマンで引っ張っていくというよりは、皆に慕われるリーダーって感じで」
卒業が近づいてきたある日、後輩のメンバーに言われたひとこと。これまでリーダータイプというと、強力にメンバーを引っ張れる人が向いているのだと思い込んできたが、どうやらそれだけではない要素もあるということを学んだ。

「このインターンに来てからOさんすごく変わったね!第一印象が人一倍良いってタイプじゃないけど、徐々に実力をつけてきたというか…今じゃ主要リーダーだもんね。」
「みんな!Oさんがいる間に良いところをどんどん吸収するんだよ!」
そう社員さんに言っていただけたのが、学生時代最後の想い出になっている。

6.これからが始まり

4月。僕、いや私は新社会人として入社式を迎えた。これからは100人を超える同期との基礎研修だ。周りには早速すごいオーラの先輩やデキそうな同期がたくさんいるけど、自分も負けずにここで切磋琢磨しながら、どこからでも必要とされる「豊かな人材」を目指そうと決めた。

あの時掴んだチャンス。成長させていただけた環境。自分の新たな一面を気づかせてくれた周囲の仲間。全てに感謝し、さらなる力に変えて、私はキャリアをスタートさせる。

今回の記事で綜合キャリアグル―プにちょっと興味が出てきたアナタ。
社会人になってからのキャリアや今後やりたいことの「気づき」が得られるSCG会社説明会にも参加してみては?

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー