矢印

採用コラム

2021.09.06

【いつから就活?】就職活動早期化!?22卒就活生が教える就活の始め方!

【いつから就活?】就職活動早期化!?22卒就活生が教える就活の始め方!

こんにちは!
2022年卒綜合キャリアグループ内定者のおっつーです!
23卒の就活生は、周りの友人が就活を始めだして「就活を始めなくちゃ」と思いつつも何から始めたらいいのかわからず戸惑っている方も多いのではないでしょうか?
今回はそんなあなたに向けて就職活動の始め方を説明したいと思います!
この記事を読み終わったころには必ず就活を始めてくれると信じています!

1章:今就活始めてないのってヤバイ!?

「周りの友人が就活を始めてるけど今から始めないとヤバイの?」と疑問を持ってる人は多いのではないでしょうか?
結論から申しますと今からやり始めないと絶対に内定が取れないということはないです。
ただし、今始めたほうが圧倒的に有利です。
理由としては大きく2点あります。

①就職活動が早期化している

就職活動が早期化している実態として下記のグラフからも見て取ることができます。

「マイナビ2022年卒大学生広報活動開始前の活動調査」を基に作成
https://saponet.mynavi.jp/column/detail/20210428151305.html

19年卒では「9月以前」に就活を始めた学生が32.2%だったのに対して22年卒では54.6%と半数以上を占める結果になっています。
この数を「半数も始めている」と見るか「半数しか始めてない」と見るかは皆さん次第ですが、ここで始めなかった場合、半数以上の学生が自分よりも入念な準備をして選考に臨んでいることになります。そんな人たちと戦い、勝ち抜いていくのは難しいと思いませんか?
これが就活を今始めたほうがいい理由の1つです。

②オンライン化が進み倍率が上昇している。

「オンライン化で倍率が上がるってどういうこと?」と思った方もいると思います。
これはオンライン化で倍率が上がるというよりもオンライン化による距離や時間の制限から解放されたことで倍率が上がることを意味します。
具体的には、皆さんも在宅で授業などを受けた経験がある方も多いと思います。就活も同じで自分の地元から離れた県にある企業の選考にも簡単に受けられるようになるということです。
また、移動時間もないため時間を有効活用することもでき、一日に複数社選考を受けることも可能になります。
そのため1人あたりのエントリー数が増加しており、倍率が高くなっているというのが現状です。
下記グラフは2020年から2022年卒のエントリー数を比較したものです。こちらからもわかるように前年同期よりもエントリー者数が1.7社増加しています。

(出典:https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/03/202103_gakuseichosa_soku.pdf
より引用)
これまで売り手市場を背景にエントリー者数は減少傾向にありましたが、コロナ禍によるオンライン化などの影響でエントリー数が増加に転じており、倍率が上がっていることがわかるかと思います。
実際私もオンライン化による影響により、一日に複数回面接を受けたり、内定を頂いた会社の半数以上が県外の企業でした。

このように就職活動の早期化オンライン化による倍率の上昇という2点の理由から早くから就活を始めることをお勧めします!

2章:結局何をやればいいの?


「早く動き始めたほうがいいことは分かったけど結局何をやればいいの?」「就活ってよくわかんないし難しそう」
そう思っている方も多いと思います。
しかし、就活をしていく上で必要なことは意外とシンプルです。
では、就職活動をしていく上でやらなければいけないことは何か、それは自分と相手を知るということです。
自分を知るということは所謂、自己分析のことで、自分の過去の経験をもとに自分の能力や価値観を把握・分析することで就活における強みを見つけることです。
これが分かっていると企業と自分が合うかどうかを判断できたり、どのような点が合っているかを論理的に説明して企業にアピールできます。

そしてもう一つの相手を知るとは、企業やその企業が属する業界を知るということです。これは所謂、業界・企業研究と呼ばれています。
具体的には自分が知っている企業を増やすことや、そこから自分の価値観と合うかどうか見極めるために企業に対して深く知ることを意味します。
知っている企業を増やし、気になる企業について調べていき「なぜ興味を持ったのか」「競合他社と比較してどこが魅力的か」など明らかにすることで自分がその企業を志望する理由が明確になります。

この自己分析業界・企業研究が就職活動では一番大切です。
それでは、これから自分を知る自己分析相手を知る業界・企業研究について詳しく説明していきたいと思います!

3章:やるべきこと① 自己分析

就活でまずやるべきことの一つ目として自己分析があります。
先ほど少し説明しましたが、自己分析とは自分の過去の経験をもとに能力や価値観を把握・分析することで就活における強みを見つけることです。
具体的には「アルバイトで頑張った」ことがあったとします。
それにおいて「どんな成果を出したのか」「そのためにどんな行動や思考をしたのか」「なぜ頑張ることができたのか」「そこから何を学んだのか、どんなことに挫折したのか」などを整理します。そうすることで、その経験にまつわる思考や行動、感情の変化などを言語化することができ、自分がどんな人間なのかがわかってきます。
これを行う目的としては大きく2つあります。

①自分の価値観を明確にする
就職すると人生の多くの時間を仕事に費やすことになります。そのため、自分と企業の価値観が合っていないと退職してしまう原因になってしまうかもしれません。
そのようなミスマッチを防ぐために自分の価値観を自己分析で明らかにし、企業と合うかどうかを分析することが重要です。また、これをすることで自分の就職活動の軸も見つけることができます。

②選考における武器を見つける
面接やエントリーシートなどの選考では必ず、過去の経験から自分がどんな能力や価値観を持っているかを企業から問われます。
なぜなら、企業側はその学生が入社後活躍できる人材なのかを判断したいからです。
そのため、企業側に活躍できる人材だと証明する必要があります。
自己分析を行えば自分の能力や経験、価値観を明確にすることができるので、例えば企業側から「強みは何ですか?」と質問されても、あらかじめ分析しておいた能力をエピソードとともに答えることができます。
つまり、選考に進む前には自分の経験や能力、価値観などを把握、言語化し企業側に伝えられるようにしておく必要があるということです。
そのための準備として自己分析が必要になります。

〇おすすめの自己分析のやり方
自己分析にはいろいろなやり方がありますが、おすすめはモチベーショングラフです。
モチベーショングラフをすることによって過去から現在に渡ってどんな時に自分はモチベーションが上がってどんな時に下がっているかが一目で分かるようになります。

※参考までに実際に私が記載したモチベーショングラフです。
私もこれを記載した時が一番自己分析が進んだ実感があり,これをやる前とやった後ではエントリーシートや面接でアピールする内容が大きく変わりました。
当時はなぜもっと早くやらなかったのかととても後悔した記憶があります。(笑)
今回は就活の始め方という内容ですので、詳しいやり方についてはこちらの記事で紹介しています。自己分析だけを徹底的に解説し、モチベーショングラフのやり方も書いてあるので是非参考にしてみてください。
▼自己分析を極める者は就活を極める?!!~自己分析の重要性とやりかた~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200806_2527/

4章:やるべきこと② 業界・企業研究

就活でまずやるべきことの2つ目として業界・企業研究です。
自己分析と同様に業界・企業研究は就活においてかなり重要な作業です。
業界・企業研究とは、関心のある業界・企業について詳しく理解するために企業の事業内容や他業界・他社との違い、業界での立ち位置など様々な角度から調べ、その業界・企業の特質を明らかにすることを言います。
これを行う目的としては主に以下の2つです。

①自分とマッチする企業を探す

自己分析で明確にした自分の価値観とマッチする企業なのかを明らかにしていくためにこの作業が必要になります。
入社後に「社風や業務内容が合わずモチベーションがわかない」などのミスマッチを避けるためにも会社のことを詳しく知ることが重要です。

②志望動機を具体化し、説得力を持たせる

選考を通してほとんどの企業が見ていることのひとつに志望動機があります。志望動機での採用側の見ているポイントは「なぜこの企業なのか」「どのように活躍してくれる人材なのか」ということです。
そのポイントをおさえるためには、なぜその企業でなければならないのかを明確にしなければいけません。
そのため、自分がその企業に対してどのように貢献できる人材であるかということを示すために企業に対する深い理解が必要になります。
それができると、自己分析で明らかになった自分の価値観と結び付けて、その会社のどのようなところが自分と合っているのかを説明できるので発言に説得力を持たせることができます。
これが業界・企業研究をする2つ目の目的です。
今回は就活の始め方という内容ですので、詳しい企業・業界研究のやり方についてはこちらの記事で紹介しています。是非参考にしてみてください。
▼【就活初心者】業界研究の「業界」って一体なんだ?~人材サービスは何業界?~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200806_2525/
▼おうち時間に就活!ライバルと差をつける企業研究とは?
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200820_2543/

5章:まとめ

ここまで就活の始め方について解説してきました!
もう一度おさらいすると、
①就職活動の早期化、オンライン化による倍率の上昇という理由から就活を今から始めよう!
②「自分の価値観を明確にする」「選考における武器を見つける」ために自己分析をする。
③「自分とマッチする企業を探す」「志望動機を具体化し、説得力を持たせる」ために業界・企業研究をするということでした。

また、当然内定を獲得するには選考を突破しなければいけないので、他にも面接対策や筆記試験対策のようにやることは盛りだくさんです。こちらもできるだけ早く取り掛かるといいと思います!
ですので、ぜひ今のうちから就職活動を始めましょう!
就活はとりあえず動き始めてみることが大切です!
また、今の時期では多くの企業がインターンシップの募集をしています。実際に選考を経験しているといないのとでは就活の進み具合がかなり変わっていきます。
選考対策や自己分析のエピソード探し、業界・企業研究を進めるためにもぜひインターンシップに参加してみることをお勧めします!

現在綜合キャリアグループでも23卒のインターンシップ生を募集しています。
この記事を読んで少しでも疑問が解消でき就活をはじめる気になった方はぜひ参加してみてください!
https://newgrads.sougo-group.jp/

バックナンバー記事はこちら。

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2022年度新卒採用エントリー