矢印

採用コラム

2018.09.14

新入社員のリアルなつぶやき第21話:~11時事件~

新入社員のリアルなつぶやき第21話:~11時事件~

こんにちは! おなじみのビビリー野です。
(綜合キャリアグループの私「ビビリー野」にはじめてお会いする方は、こちらからどうぞ。『(第1話 スーパー天然宇宙人事件)』)

みなさん、お盆はどんなふうに過ごされましたか?
帰省をした方、旅行した方、友人とご飯に行った方、スポーツをした方、スイカ割りをした方、BBQをした方、花火を見に行った方、花火をした方、恋をした方、恋を失った方…だんだんズレていきそうなので、ここまでにしておきます…。

そうですね、私は何をしたかって?

…秘密です。(言わないんかーい!)

私がどんなお盆を過ごしたか知りたい方は、選考で待ってます!(興味はございません。)

 

夏の風物詩、打ち上げ花火。今年は花火見に行かなかったなぁ。誰かビビリー野を花火に誘ってください…。(何のコラムだ。)

今回も強烈な鬼山さんとのエピソードを踏まえ、当社で大切にしている考え方をお伝えします。

今回は、「気づいていても、行動に表さなければ、それは『気づいていない』と見なされます。気づいていることは、行動に移していこう!」ということ。

それは、秋なのに夏のムシムシが戻ってきたようなある日。

※毎度申し上げますが、鬼山さんは「鬼の上司」を演出するために脚色しており、実際はもっと柔らかいお方です。(たぶん…)

ビビリー野は、尊敬するフォローの神様Mさんに、営業ロープレを願いしていた。(フォローの神様Mさんについては、『第8話 天然キャラふるぼっこ事件』にジャンプ)

朝礼後 9:30
ビビリー野:「Mさん、ロープレの場所とりましたので、お部屋7Aで11時からお願いします!」

Mさん:「はい!了解!お願いします。」

チッチチッチ…

10:59 (ビビリー野、時計をちら見。あと1分だ。)

11:00 Mさんスキャン業務中。ビビリー野、Mさんをちら見。
ビビリー野:(あれ?11時からお願いしたよなぁ。でもMさんなんだか忙しそうだから、スキャン終わってから話しかけるか…)

11:01 隣のデスクの鬼山さん
「ビビリー野さん、11時からMさんにお時間もらってるんじゃないの?」

ビビリー野:(うわっ!1分過ぎただけやん!今言おうとしたし!)

11:02 「はい、そうです。Mさん、宜しくお願いします。」

Mさん:「お、そうだね。過ぎちゃってごめんね。」

後日、鬼山さんに呼び出される(私の鬼上司、鬼山さんとのストーリーは下記のバックナンバーへ!)。

鬼山さん:「この前さ、なんで11時から時間もらってたのに、11時から始めなかったの? 忘れてたの?」

ビビリー野:「あ、いえ、Mさんが忙しそうだったので…。」

鬼山さん:「そっか。でもさ、ビビリー野さんっていつもそうだよね。相手が動いてくれるの待ってるだけで、自分から動かないじゃん? 11時になってもお願いしている側のビビリー野さんが動かないから、端から見たら約束を忘れてるように見えるよ? 相手から声を掛けてもらうのを待つんじゃなくて、自分から『時間なのでお願いします!』って声を掛けに行かなきゃ。気づいていても、行動で表さなきゃ、それは気づいていないと同じことだよ? 周りから、約束を守れない人って見られてもいいの?

ビビリー野:「いえ、よくないです。」

鬼山さん:「そうだよね。もったいないよ。先輩だって、神様でもエスパーでもないんだから、ビビリー野さんが何に気づいていて、何に気づいていないかなんて分からないよ。だから、気づいているのであれば、周りに『気づいてます』ってアピールしてこうよ。相手を待つんじゃなくて、自分から動いていこうよ。」

ビビリー野:「はい、かしこまりました。」

【まとめ】
今回、鬼山さんにご指摘いただいたことは、社内だけでなく、社外でも必要なことです。
新規営業であれば、お客様とは毎回「はじめまして」です。だから、そこで表現できた自分がたとえ70%だとしても、相手からすれば、100%として判断されます。相手は察してくれる神様ではありません。
鬼山さんは、「相手の貴重な時間をいただいてお願いしているという自覚がないのではないか」「(気づいていたとしても)自分から動かず、相手から動いてもらうのを待っていないか」ということを懸念して、指摘をくださいました。

今後は、気づいていることは行動に移していこう、相手が察してくれるのを待つのではなく、自分から動いていこうと誓うビビリー野でした。
(ちなみに、私の中では、Mさんは神様です。ゴマすりすり)

Fin

 

バックナンバー記事はこちら。

新入社員のリアルなつぶやき:第1話「学生」から「社会人」になるまで。~スーパー天然宇宙人事件~

新入社員のリアルな心のつぶやき:第8話 「不思議ちゃんの顔するのやめてもらえます?」~天然キャラふるぼっこ事件~

新入社員のリアルなつぶやき第14話:~風邪引かないでくれる?事件~

新入社員のリアルなつぶやき第18話:~付箋ペタペタ事件~

新入社員のリアルなつぶやき第19話:~そこはメールじゃないでしょ事件~

新入社員のリアルなつぶやき第20話:~上昇志向事件~

新入社員のリアルなつぶやき第23話:~逆算事件~

新入社員のリアルなつぶやき第24話:~機会をいただき、ありがたや事件~

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

記事検索

カテゴリ

キーワード

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー