矢印

採用コラム

2022.03.28

【種類】面接、どのくらい知っていますか?

【種類】面接、どのくらい知っていますか?

こんにちは!
SCG内定者のうめこです。

就職活動も本格化し、就活生の皆さんも毎日たくさんの面接を受けていると思います。

今回は、就職活動の面接の種類について紹介したいと思います!

1章:面接の種類


よく行われる形式の面接は3つあります。

①グループディスカッション

就活生を5〜8人程のグループにわけて行われる面接です。
時間は30分程が多いです。

企業の商品や時事、社会問題をテーマにグループで討議する選考方法になっています。

②集団面接

複数の就活生に対して同時に質疑応答を行う面接です。
時間は20分〜40分程です。

1度に4〜5人面接を行うため、1人あたりの回答時間はかなり限られてきます。

③個人面接

学生1人に対して面接官が1人以上で行われます。
時間は企業によりますが、30分程です。

1人に時間がかけられるため、深堀の質問をされることも多いです。

2章:面接のポイント


それではここからは、それぞれの面接のポイントを押さえていきましょう!

①グループディスカッション

司会やタイムキーパー、書記などの役割が存在します。
しかし、何かの役につくことは必須ではありません

客観的に他の意見を聞けているか、協調性があるかなどを見られていることが多いです。

そのため、他の意見を踏まえながら自分の意見を出していけるといいと思います。

②集団面接

面接官が指名した順番に答える場合自分で挙手をして答える場合があります。

自分で挙手して答える場合には、積極的に手を挙げましょう!

また、1人あたりの回答時間もかなり短いため、簡潔に伝えることも大事です。
さらに、他の人の意見に対してどう思うかを聞かれることも稀にあるため、
話はしっかり聞いておきましょう!

私は初めて受けた面接が、自分で挙手をして答える集団面接でした。
初めてだったこともあり、なかなか手を挙げられず後悔したことが今でも忘れられません。

③個人面接

選考段階の後半にあることが多い面接です。

決まった質問をされることが多いため、
ある程度対策をしておくと緊張せずに済むと思います。

ただ、自身の答えた内容を深堀りされることもあるため、
「会話」を意識しつつ望むことが大切です。

また、目線もキョロキョロすることがないように気をつけておいてください。

3章:全体を通して気をつけておくこと


それぞれの面接で気をつけることは様々ありますが、
全ての面接で共通して気をつけておくこともあります。

①身だしなみ

第一印象は視覚が55%という話があります。
スーツや髪型、鞄など就活生としてのマナーが感じられる見た目を意識しましょう。

②受け答え

「質問の意図を汲み取れているか」を見られていることがあります。

問われたことに対して的外れな回答をすることがないようにしましょう。
緊張して質問内容がわからなくなった時には、もう一度聞いても大丈夫です!

③入社への熱意

これは常に見られているといっても過言ではありません。
熱意を面接官に伝えるためにも、企業研究をして、逆質問を考えておきましょう!

最後に

面接について簡単にまとめてきました。
私は新型コロナウイルスの影響でほぼ全てオンラインでの面接でした。

これから面接を受ける皆さんもまだまだオンラインの方が多いかもしれません。
しかし、最終面接のみ対面というケースもあります

オンライン面接に慣れてしまうと対面形式での面接でかなり緊張したり、
目線が泳いでしまいます

これを避けるためには、数をこなして慣れるしかないと思っています
就活中の毎日は辛いかもしれませんが、
いつか報われると信じて前向きに取り組んでいってください。

皆さんの就職活動が納得いくものになることを願っています。

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

Entry

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2023年度新卒採用エントリー