矢印

採用コラム

2022.03.27

【あなたは何個当てはまる?】やったら落ちる!?面接NG集!

【あなたは何個当てはまる?】やったら落ちる!?面接NG集!

面接において、知らないうちにNG行動を取っている就活生にあなたはなっていませんか?

面接では全体を通して評価を決めますが、一部のマイナスによって大きく評価を落とされ、不採用となることは少なくありません。

そこで、今回はマイナス評価を避けるために、面接におけるNG行動をご紹介します。

面接におけるNGとは何なのか、正しく把握しておくことで不採用を避けることに繋がります。

これから面接を控えている人で不安を持っている方や面接がなかなか通過しないという方はぜひ最後まで読んでみてください!

1:コミュニケーションが一方的

・会話のキャッチボールができていない
面接では、面接官の質問に答えながら、話を広げていくことになります。

そのため、面接官とテンポよく会話のキャッチボールをしながら、自分をアピールしなければいけません。

しかし、面接は自分をアピールする場という意識が強すぎるあまり、「自分ばかり一方的に話してしまったり」「求められていないことまでべらべら話してしまう」就活生が多数見受けられます。

こうした会話のキャッチボールができていないと「協調性が足りない」「他人の話を理解できない」などのマイナスのイメージを与えてしまいます。

・結論ファーストで話せていない
結論ファーストで話せているかにも注意しましょう。

例えば「自己PRをお願いします。」という質問に対して「私は所属している○○というサークルでサークル長をしておりまして、そこでは……」とダラダラ話始めてしまうのは避けましょう。

面接官は本当にたくさんの学生を相手にしているため、このような話し方をしても、「この人はこういうことを言おうとしているんだろうな」と察してくれる場合もあります。

しかし、多くの面接官は、学生のアピールポイントがわからず、マイナス評価を与えてしまうことが多いです。

要点のまとまらない話し方や、結論・原因などの構成がない話をしていると面接官の知りたいことに対して的外れな回答となります。

そのため、結論を先に言ってから、理由や裏付けのエピソードを話すよう徹底しましょう。

そうすることで、面接官との会話がスムーズになるだけでなく、コミュニケーション能力があるというアピールにも繋がります。

2:ビジネスマナーがない

・態度や言葉遣いが悪い
面接中は態度言葉遣いが細かく見られています。

しっかり敬語を使う大きな態度をとらないなどは当たり前のことですが、逆に、緊張してしまい声が小さくなったり自信がなくなったりするのもよくありません。

暗い印象を与えてしまったりやる気がないと判断されてしまう可能性もあります。

また、質問に対して「えー」「あのー」などと言ってしまいがちですが、会話のテンポが悪くなるほか、集団面接などでは悪目立ちしてしまうため、注意しましょう。

・挨拶ができていない
挨拶をすることは社会人として当たり前のマナーであり、多くの就活生も挨拶は当たり前にやらなければいけないものだと分かっていると思います。

しかし、挨拶をできない就活生は意外に多く、相手から挨拶をしてくれるのを待っていたり聞き取りづらい小さな声やぼそぼそとした声で挨拶している場面が度々見られます。

このような挨拶では面接を受ける前から印象が悪くなってしまうため、相手から挨拶される前に必ず自分から笑顔でハキハキとあいさつができるようにしましょう。

・身だしなみに清潔感がない
誰かに初めて会う時、面接に挑む時など人のイメージを決めるのは第一印象が大きな割合を占めています。

「メラビアンの法則」という心理学の法則をご存じでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「メラビアンの法則」とは、アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学名誉教授であったアルバート・メラビアンが、「人と人とのコミュニケーションにおいて、話し手のどのような情報が聞き手の印象に影響するか」といったことを実験して、その結果を数値化した法則です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

この法則では人の第一印象は以下のような割合で決まるとされています。

つまり、だらしのない格好でどんなにしっかりとした内容の言葉を言ったとしても、視覚から伝わる見た目がよくないため、だらしのない人という印象の方が強く伝わってしまうということです。

そのため、清潔感に欠ける印象を与えてしまうと面接で圧倒的に不利になってしまいかねません。服装や髪型、シャツのしわ、靴の汚れ、髭やメイクなどしっかりと注意しましょう。

・髪型についての詳しい記事
https://newgrads.sougo-group.jp/column/bible/20220113_3666/

3:事前準備ができていない

・準備不足で熱意が伝わらない
面接が不採用になる理由の大きな要因の一つとして準備不足があげられます。

当然のことではありますが、企業によって理念や事業内容は異なるため、企業ごとに事前に企業研究をしておかなければ面接を通過することはできません。

企業理念や事業内容などのHPや採用サイトに大きく記載してあるような基本情報を知らなかったり、理解していないで面接を受けるのは絶対にやめましょう。

会社のことに関する質問に答えられなかったり、逆質問の際に、調べればわかるようなことを質問してしまったりすると、準備をしてこなかったことが面接官に確実にばれてしまいます。

そうなると発言の信憑性が低くなるだけでなく、「そこまでうちの会社に入りたいと思っていないんだな」と判断され、熱意が全く伝わらなくなってしまいます。

そうならないためにも、企業理解を深めておくこと逆質問を考えておくことは最低限必ずやっておきましょう。

・質問対策ができていない
面接官は様々な質問をすることで就活生の人間性を知ろうとしています。

そのため、質問対策ができていないと面接官からの深堀に対して回答することができません。

回答ができないということは、自分の人間性をアピールできないまま面接を終えることになるため、不採用の可能性が非常に高まります。

自己PRや志望動機、学生時代に力を入れたことなどは必ずと言っていいほど聞かれる質問ですので、必ず対策しておきましょう。

対策する中で、企業の求める人物像などと自分がどのようにマッチしているのかを考えながら、対策していくと効率よく対策していくことができるため、おすすめです!

また、就活アプリなどで、よく聞かれる質問を会社ごとに調べておき、対策しておくことも大切です。

毎年どのような質問がされているのかをあらかじめ把握しておけば、傾向が分かってくる場合もあるので、必ずチェックしておきましょう。

4:台本作りをしてしまう(受け答えを暗記している)


面接での質問内容を想定し、事前にある程度回答を考えておくことは大切です。

しかし、面接の質問に対して、いくら完璧な回答を準備できたとしても、考えた通り、丸々そのままを話すのはやめましょう。

1章でもお話ししたように面接においてはコミュニケーションがしっかり取れるかがとても大切です。

しかし、丸暗記した回答を面接で答えてしまうと、「棒読みになって感情が伝わりにくくなる」ことや、「思い出しながら話すので、言葉に詰まりやすく、言葉が出なかった場合パニックになる」などの大きなデメリットが発生します。

これでは、とてもコミュニケーションが取れているとは言えません。

更に言えば、就活生の人柄を引き出そうとしてくれている面接官に対して、丸暗記した回答を読み上げていては、コミュニケーションを拒否していると言っても過言ではないです。

また、面接で聞かれる質問は志望動機や自己PRといった基本的な質問だけではありません。

そのため、深堀されていく際などに想定外の追加質問をされてしまうと答えられなくなってしまうというデメリットもあります。

このようなデメリットが発生してしまうと、面接官からは「コミュニケーション能力がない」、「柔軟性がない」、「熱意がない」といった印象を抱かれてしまいます。

よって、面接対策をする際は回答を丸暗記するのではなく、要点をまとめて、本番に活かせるような準備の方法を取りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は面接でやってはいけない行動について解説しました。

まとめると

・会話のキャッチボールができていない
・結論ファーストで話せていない
・態度や言葉遣いが悪い
・挨拶ができていない
・身だしなみに清潔感がない
・準備不足で熱意が伝わらない
・質問対策ができていない
・台本作りをして面接での答えを丸暗記してしまう

以上をNG行動として挙げさせていただきました!

これらをきちんと守ることができるのだろうかと不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、このようなNG行動は基本的なことが多く、やってはいけないと知ってさえいれば、準備次第でいくらでも避けることができるものがほとんどです。

そのため、「ありのままの自分を見せるために面接対策はやらない」と安易な考えは決して持たないようにしましょう。

自身のパフォーマンスを最大限に発揮できるように、正しく対策をして、ミスなく面接を乗り越えられることを祈っています!

この記事を書いた人:SCG内定者 おっつー

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

Entry

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2023年度新卒採用エントリー