矢印

採用コラム

2022.02.01

就活生の皆さん!業界、絞ってますか?

就活生の皆さん!業界、絞ってますか?

こんにちは!
SCG内定者のうめこです

突然ですが皆さん!
業界を絞って就職活動をしていますか?

「業界を絞る」

就職活動では、かなり大事なことですが難しく感じている方も多いと思います。

そこで、今回は業界の絞り方について紹介していきます。

悩んだときにぜひ、活用してみてください!

1章:なぜ志望業界を絞るの?~メリットとデメリット~



なぜ志望業界を絞るのでしょうか?
まずはそこから考えていきましょう!

メリット①:特定の業界に詳しくなれる

志望業界を絞ることで、特定の業界について時間をかけて調べることができます。

じっくり時間をかけて調べることで、
業界内の企業同士の関係性や立ち位置も見えてきます。

また、業界の強みや弱みも見えてくるので、
理解した上で選考対策を行うことができます。

メリット②:就活軸に一貫性を持たせることができる

先ほど挙げたように、業界を絞ることで共通した特徴が見えてきます。

以上を踏まえた上で志望動機や目指す姿を組み立てていくことが
自分の就活軸に一貫性を持たせることにつながります。

熱意や説得力のある志望動機を語ることができるようになります。

デメリット①:視野が狭くなる

特定の企業に詳しくなることができる反面、
どうしても視野が狭くなってしまいます。

業界をこえて繋がりのある企業も少なくありません。

それらをカバーできるよう、企業研究をしておく必要があります。

デメリット②:就職の選択肢が減ってしまう

たくさんある業界の中からいくつかに絞るということは、
必然的に見ない業界が出てくるということです。

見ないと決めた業界の中に
もしかしたら、自分にぴったりの企業や職種があるかもしれません。

業界を絞ることで気づけない可能性があることだけは認識しておきましょう。


「どんな業界を志望しているのか、
それはどうしてなのか」
を就職活動中によく聞かれた印象があります。
しっかり答えられるようにしておきたいですね!

2章:どうやって絞るべき?

就職活動は、3~4の業界に絞って進めることがおすすめです。

ここからはどうやって志望業界を絞っていくべきかを考えていきましょう!

おすすめの絞り方を3つ挙げていくので、自分に合った方法で進めてみてください。

絞り方①:先に自分の就職軸ややりたいことを決めてしまう!

たくさんの企業を見ているとどの企業・業界にも魅力があり、
絞ることが難しく感じます。

そんな時には、自分の就職軸ややりたいことを先に決めてしまうのもひとつの手です。

「同じ地域で働きたい」「〇〇に関わる仕事がしたい」
など、ぼんやりでも思うことがあればそこから絞ることも可能です。

自分が求める条件をまず挙げてみましょう!
あまり難しく考える必要はありません。

絞り方②:興味のない業界の説明会にも参加してみる

今まで考えていなかった業界に魅力を感じるかもしれません。

もしくは、良いと思っている業界に、さらに魅力を感じるかもしれません。

後悔しない選択をするためにも
早い段階であらゆる業界の説明会に参加するといいと思います!

絞り方③:これだけは嫌!を決めておく

いわゆる消去法です。

やりたいことから業界を選ぶ、だとどうしても難しい時もありますよね。

そんなときは消去法をうまく活用しましょう!

「転勤が多いのは…」「海外で働く可能性があるのは…」など
自分の中で、「これだけは嫌!」の基準を持っておくといいと思います。

3章:気をつけておくこと


業界を絞る上で、気をつけておくことが2つあります。
それらを確認して、業界を絞っていきましょう!

気をつけておくこと①:自分のイメージで決めつけない

「この業界はこんなイメージ」
というのがあるかもしれません。

しかし、説明会に参加してみると全く違うこともあります。

先入観や自分のイメージだけで業界を絞ってしまうと
後からギャップに後悔することもあります。

多くの説明会に参加した上で業界を絞っていきましょう!

気をつけておくこと②:マイナスな面だけ見ない

たくさんの意見が出てくると
プラスの面よりもマイナスの面に注目してしまいがちです。

どの業界にもプラス面、マイナス面は存在します。

最終的に消去法で選ぶのであれば、マイナス面に着目することも大事ですが
始めからマイナス面だけ見るのはおすすめしません!

公平な情報から業界を絞っていきましょう!

最後に

最後に、業界とはどのようなものがあるのか紹介しておきます。
マイナビ新卒紹介
 https://shinsotsu.mynavi-agent.jp/knowhow/article/industry-list.html
では大きく8つに分けられています。

・メーカー     
・マスコミ
・商社       
・金融
・小売 
・サービス      
・ソフトウェア、通信  
・官公庁、公社、団体

調べていくと様々な情報が出てきます。

何度も言いますが、
自分の興味があるものだけでなく、
幅広く見たうえで業界を絞っていってくださいね!

皆さんの就職活動が納得いくものになるよう祈っています!

書いた人:SCG内定者うめこ

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

Entry

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2023年度新卒採用エントリー