矢印

採用コラム

2022.01.15

【就活が本格化する前に!】 ESの基礎・基本をおさらいしよう!

【就活が本格化する前に!】 ESの基礎・基本をおさらいしよう!

こんにちは!

綜合キャリアグループ内定者の、こうちゃんです。

 

冬インターンが本格化し、

勉強に、就活に…と忙しく過ごしている就活生の皆さん。

そろそろ就活が本格化してくる時期ですね。

 

三月からの就活解禁を前にして、

「そろそろESのことを考えなきゃ…」

「でも、ESの準備って、具体的に何をすればいいの?」

と思っている方もいるのではないでしょうか?

 

ということで本コラムでは、

多くのESに共通する基礎・基本ポイントを取り上げます。

基礎・基本ポイントを早いうちにおさえて、

万全な準備を整えましょう!

1章:ポイントその1 写真は写真館で!

皆さんは、バイトの面接や資格試験の受験の際、

顔写真はどのように撮影しましたか?

 

証明写真機を利用する方が多いのではないでしょうか。

最近では、スマートフォンで撮影した画像を使用できる場合もありますよね。

 

これらは、いつでも気軽に撮影ができて便利です。

しかしその反面、顔が暗くみえたり、体が曲がってしまったりと、

なかなかうまく撮影できないのも事実です。

 

やっぱり、第一印象は良いに越したことはないですよね!

 

皆さんが丹精込めて書き上げたESを見るのは、

皆さんのことをよく知る家族や友達ではありません。

 

お互いに名前も顔も分からない、各企業の採用担当の方々です。

初対面の印象が、「暗い」「猫背だ」「うつむいている」というものだと、

あまり良い印象は与えませんよね。

 

だからこそ、顔写真は写真館で、

プロに撮影してもらうのがベストです!

顔の表情や明るさ、体の向きなど、全てプロにお任せでOK。

 

私も、ES用の顔写真は写真館で撮影しました!

前日に撮影の予約をして、

当日はメイクと髪型を自分でセットしてから

スーツの上着とブラウスを携えて写真館に向かいました。

そして到着から準備、撮影、撮影終了まで30分足らず!(早い!)

 

料金はおよそ2000円程度で、写真のデータも販売してくれたため、

パソコンで作成・提出するES等にも対応できました!

焼き増しなども対応してくれる場合がほとんどですので、

ESをたくさん作成する時期にもぴったりですね。

 

少々お金はかかってしまいますが、

きれいな写真があって損することはありません。

第一志望群の企業の使用分だけでも、写真館で撮影してみてはいかがでしょうか?

なお、写真館へ行く際は予約してから行くことをお勧めします。

2章:ポイントその2 学チカ・志望動機を練り上げよう!

皆さんは、学チカや志望動機など、

自分で書いた文章をどのように推敲していますか?

 

ひとそれぞれ好みがあるとは思いますが、ここでは

私がおすすめする方法をいくつか紹介します。

 

まず1つ目の方法として、

「書いたものは一晩寝かせる!」です。

 

寝かせることで、書いた時には気づかなかった誤字・脱字が、

格段に見つかりやすくなります。

 

また、文字数を減らさなければならない時にも、一晩寝かせることで

 

「ここの文章は不要かな」

「こっちの表現の方がスッキリするな」

 

という部分が見えやすくなります。

最初から400字や200字にまとめるというのは、思ったより難しいものです。

まずは800字程度で丁寧に

伝えたいことをまとめてから、

一晩寝かせたものを削っていくと、

効率よくまとまりがある文章を作成できます。

 

2つ目の方法は、

「声に出して読んでみる!」です。

 

これも、黙読だけでは見つけられなかった誤字・脱字や、

言い回しがおかしい部分が見つけやすくなります。

また、声に出して読むことで、自分で書いた文章がより頭に刻まれます。

これは、提出したESをもとに行われる面接や面談の際に、

「緊張で頭が真っ白!!」

という事態を防いでくれそうですよね。

 

3つ目の方法は、

「誰かに読んでもらう!」です。

友達や、先輩、家族などの身近な人でも良いので、

自分以外の誰かに読んでもらいましょう。

書いた本人には理解できても、

第三者には分かりにくい…

ということもよくあります。

採用担当の方が読む前に、自分以外の誰かに読んでもらって

修正するのがベストです!

 

以上のような方法を通して、学チカや志望動機を練り上げていきましょう!

ESはいわば、あなたから企業へ向けた

ラブレターです。

思いが伝わるラブレターを書くために、じっくりと推敲をしましょう!

3章:ポイントその3 意外と忘れがち!ESは自分用にも印刷しよう。

本コラム、最後のポイントとなります。

皆さんは、これまで提出した履歴書やESなどは、

印刷するなどして、手元に保管してありますか?

 

意外と忘れがちなポイントなのではないでしょうか。

 

まず、なぜ保管する必要があるのか、についてですが、

もちろん、提出したものをもとに面接や面談が行われるからです。

 

私の友人の話にはなりますが、

彼女は、提出したESにどんな志望動機を書いたか忘れてしまい、

面接のときに大変焦ってしまったようです…

 

幸い彼女は、少し時間をもらったら内容を思い出すことができ、

事なきを得たそうですが、こんなことにはなりたくないですよね。

 

ですから、やはり提出前に自分用のESを印刷しておくべきです。

たくさんの企業に向けてESを作成する時期は、なおさらですね!

手元に保管して置けば、面接前に内容を確認することもできるので、

安心して面接に臨めそうです。

まとめ

以上、3つのポイントに分けてESの基礎・基本を紹介いたしました。

特に、

ポイントその1「写真は写真館で!」と、

ポイントその2「学チカ・志望動機を練り上げよう!」

については、読んでいただいた方はお分かりだと思いますが、

最低でも2,3日はかかります。

 

ESはひとつ書き上げるためにも、意外と時間と労力がかかります。

そのため、共通する部分、

つまり基礎・基本の部分を固めるのは、

早いに越したことはありません!

 

早いうちから、できる範囲で準備を進め、

少しでも楽に、そして余裕をもってESに取り組めるようにしましょう!

 

以上、内定者こうちゃんでした。

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

Entry

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2023年度新卒採用エントリー