矢印

採用コラム

2021.09.27

【もう悩まない!?】3分でわかる!就活の軸の作り方!

【もう悩まない!?】3分でわかる!就活の軸の作り方!

「就活の軸なんて楽なら何でもいい」

そんな考えをもっている方は多いのではないでしょうか?

こんにちは!綜合キャリアグループ内定者のおっつーです!
「就活に軸なんて必要なの?」と疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、「就活を進めていくにあたって、自分なりの軸を持つことは大切」このようなアドバイスをもらったことがある人や聞いたことがある人は多いと思います。

では、なぜ就活の軸が必要と言われているのか、メリットや見つけ方と共に解説していきたいと思います!

■1章:就活の軸とは?

就活の軸とは働くうえで絶対に譲れない自分なりの価値観判断基準のことを言います。

「〇〇な仕事がしたい」や「○○に関われる仕事がいい」など人によってさまざまな物があります。
これは就活を進めていく上での方向性となり、どんな業界、企業、仕事を目指すのかを決める指標になります。

就活において自分が選択できる幅はとても広く、自分なりの指標を決めて就活を進めることが非常に大切になります。

とはいえ、就活生の皆さんがまず、思いつくのは「給料がいいところがいい」や「残業が少ない会社がいい」、「楽だったらなんでもいい」などばかりでなかなか軸が見つからないと思っている人も多いと思います。

しかし、それは決して悪いことではなく、多くの人が思っていることだからこそ掘り下げが足りていないだけだと思っています。

選考をスムーズに進めていくためにも、こうした掘り下げなど正しい軸の設定方法を知ることはとても大切です。

次の章からでは軸を決めるメリットや設定方法など解説していくので、ぜひこのコラムを読んで自分なりの方向性を見つけましょう!

■2章:就活の軸は必要?決めることで生まれる3つのメリット

就活の軸は実態が曖昧なところもあり、それほど重要だと考えていない人が多いですが、実際はそうではありません。

就活を進めていく上では軸を決めることは欠かせない物となっています。
では、なぜ必要なのか、軸を決めることで生まれるメリットとして3つのことがあげられます。

①企業選びの基準ができ、入社後のミスマッチを防げる

まず1つ目のメリットは、本当に自分にあった企業を見つけることができ、入社後のミスマッチを防げるということです。

自分の判断基準を明確にせずに就活をすると、もし受かって入社しても自分に合っていなかったということが起こりがちです。
企業から発信される情報だけで良い、悪いを判断するのではなく、自分がどんな企業に入りたいか、どんな環境でどんな仕事がしたいかということを考えて、それに合致する企業かどうかを見ていった方が、確実に自分に合った企業を見つけることができます。

 

②効率的に就活を進められる

2つ目のメリットは、志望企業が絞れるため、効率よく就活を進めることができるということです。
就活の軸を決めずにいろいろな企業の情報を集めていると、どれも魅力的に思えてしまい志望企業や業界が全く絞れないという方がよくいます。

そんな時に、就活の軸が決まっていると、自分に合う企業、合わない企業が迷わず判断できるようになるため、選考を受ける企業を絞ることができ、1つ1つの企業にていねいに対策ができるようになります。

絞りすぎはハイリスクですが、ある程度自分の中で判断基準を決めて志望企業を絞ることで、効率の良い就職活動になります。

③面接での質問に一貫性を持って答えることができる

3つ目のメリットは、面接等での (最初から最後までブレずに芯が通っている)を持って答えることができるという点です。

就職活動では、面接やエントリーシートで「志望動機」を聞かれます。
この時に、「企業の〇〇に魅かれた」というような答え方でも良いのですが、「私は○○という基準で企業を選んでおり、…」と自分の就活の軸についても話すことができると、より一貫性があって面接官を納得させやすい話となります。

また、自分から就活の軸について話をするわけではなくても、志望動機について面接官に深掘りされた際に自分の中にはっきりとした軸があると悩まずに答えられるようになります。

このように、「就活の軸」を決めるということは、自分に合った企業選びのためにも選考通過のためにもとても重要なことです。

■3章:就活の軸を見つける4つのステップ

就活の軸を決めるときは自己分析や企業研究がとても大切です。
自己分析ができていないと、そもそも自分の価値観がわかっていないので、軸を決めることができません。

また、自己分析ができていたとしても、どのような業界や業種があるのかを知らなければ
具体的に働くイメージができず、軸を決められません。

では、実際にどのようなステップで就活の軸を作るのかをこれから説明していきたいと思います。


STEP1:興味のある仕事について調べる

まず、自分がどんな仕事に興味があるかを調べることが大切です。

調べ方はなんでも大丈夫なので、いろんな企業を見て、世の中にある仕事やその具体的な内容を知ることで
自身がやりたいことを見つける第一歩になります。

詳しい企業・業界研究のやり方についてはこちらの記事で紹介しています。是非参考にしてみてください!

▼【就活初心者】業界研究の「業界」って一体なんだ?~人材サービスは何業界?~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200806_2525/

▼おうち時間に就活!ライバルと差をつける企業研究とは?
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200820_2543/

STEP2:自己分析をする

興味のある仕事を調べたら「なぜ興味を持ったのか」ということについて掘り下げて考えることが大切になります。
また、「自分はどんなことをするのが好きか、得意か」といった自分についての自己分析もしていくことで自分が仕事に何を求めるのかを見つけることができます。

詳しい自己分析のやり方はこちらの記事で紹介していますので是非見てみてください!

▼自己分析を極める者は就活を極める?!!~自己分析の重要性とやりかた~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20200806_2527/

 

STEP3:将来について考える

自己分析で自分が何に興味があるか見えてきたら次は将来について考えてみましょう。

その仕事で、将来自分がどのようになりたいか、また、仕事だけでなく、どのようなライフスタイルを希望するかなども考えていくことで自分が仕事に何を求めているかを知ることができます。

ここは本当になんでも大丈夫なので、例えば、「将来も地元で働いていたい」や「何歳までに結婚や出産をする」、「そのためにも何歳までにいくら年収が欲しいか」など、とにかく自分の将来をイメージしてどのようなことが将来必要になってくるのかを考えてみましょう。

STEP4:これまでの内容を整理して軸にできそうなものをピックアップする

自己分析や業界・企業研究ができたらこれまでのステップで自身が譲れない条件や希望する働き方を何かしら見つけていると思います。それらをリストアップして企業にアピールできるものとできないものに分けます。

アピールできない物とは企業の規模 や待遇面といった仕事に直接関わらない内容のことです。
選考でアピールするとマイナスのイメージを与えてしまうリスクがあるため表向きの就活の軸にするのは避けた方がよいです。

リストアップしたものの中から自分にしっくりくるものを使ったり、複数個あった場合は企業によって使い分けてもいいですが、本来軸とは自分にとって核となる部分なので、出来れば1つに絞るか、多くても3つ程度にとどめておくといいと思います。

このような4つのステップで、ぜひ就活の軸を決めていきましょう。

■4章:まとめ

ここまで就活の軸について説明してきました!

就活の軸は多くの人が通る道であり、就活を効率的に進めていくためにも早いうちから決めておくことが今後の進み方に大きく影響していきます。ですので、今回の内容をもとにぜひ今のうちから就活の軸を作ってみてください!

現在綜合キャリアグループでも23卒のインターンシップ生を募集しています。

この記事を読んで少しでも疑問が解消でき就活をはじめる気になった方はぜひ参加してみてください!

https://newgrads.sougo-group.jp/create-innovation/

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2022年度新卒採用エントリー