矢印

採用コラム

2021.09.15

【一発逆転!】就活における逆質問の極意と回答例

【一発逆転!】就活における逆質問の極意と回答例

『最後に、何か質問はありますか?』

- 実際なにも聞きたいことないけど、質問しないと評価下がりそう…
- だからといって、無理に変な質問したら悪い印象与えそう…

皆さんにはこんな経験はありませんか?

面接において最後に逆質問は必ずつきものです。
質問を答え終わったからといって気を抜いているそこのあなた!
意外と、面接官は就活生の質問力を見ています。
また逆質問は自分を売り込むチャンスでもなりうるのです。

そこで今回は、逆質問で企業はどんな所を見ているのか、企業が逆質問をする理由や周りと差がつく回答例など企業側と学生側でまとめてみました!
企業側の意図も知りながら、逆質問を完璧にマスターしちゃいましょう〜!

第一章 企業側が逆質問をする理由

企業はただ志望者の疑問を解消する場を設けているというわけではありません。
まずはじめに、企業側の逆質問を設ける意図を知っておきましょう。

① 応募者の志望意欲を知りたい
→ 志望度の高い企業であれば、HPや求人などを読み込んだ上で質問できるよう準備しているはずです
逆質問からでもその企業にやる気があるかどうか見破られてしまいます。しっかりと企業を調べたうえで質問を考えましょう。

② 社風や人間的な相性を確かめたい
→ 逆質問は自由度が高い分、思考力や着眼点などその人の個性が出やすいです。
会社と就活生の相性を逆質問で測れることがあります。

③ コミュニケーション能力を確かめたい
→ 自発的な発言が求められるため、自分の考えをまとめて的確に発信できるか、判断力や発言力が見られます。

第二章 逆質問をする際の4つのポイント

①  面接官に何をアピールしたいのかを明確に決めよう
→ やる気、長所、会社の社風にあっている人間であること、世間のニュースに関心が高いことなど、どれを伝えたいかを明確に決めてみよう。

②  事前に調べればわかる内容を聞かない
→なにも調べずにHPに書いてあるような情報を聞くのは『自分は御社について何も調べていません!』と言っているようなものです。
しかし、調べた情報をさらに深堀りすることは好印象につながります◎

③  面接官がすでに話したことを繰り返し質問しない
→話を聞いていないという印象を与えてしまうので要注意です。説明会や前回の面接で聞いた事をしっかりとメモし、覚えておきましょう。
また、準備した質問が人と被る可能性もあるので質問は複数用意しておくと良いです。

④  具体的で面接官が答えやすい質問をしよう
→面接官が答えにくい質問(例えば人事の方に他の部署の業務を詳しく聞いたり、自分のフィードバックを求めたりするなど)は話が広がらない可能性があります。また、YesかNoで終わってしまう質問も避けましょう。

第三章【タイプ別】一歩差がつく!OK質問例

先ほど、逆質問でどの部分をアピールしたいのか明確に決めることがポイントとお伝えしました。
この章では、志望度、やる気、長所 三つのアピールポイントにタイプを分けて、周りと差がつく逆質問をまとめています。
そのまま使える内容となっていますので、逆質問で何をアピールしたいのか明確にした上で、下記の質問をチェックしてみてください!


🙆‍♂
志望度をアピールしたい学生におすすめな質問例

◆『御社の△△という理念に共感したのですが、どのような場面で企業理念を感じますか?〇〇さんの実体験の中で教えていただきたいです。』
→ 企業理念を覚え、企業に対して好意を抱いていることがわかります。

『私は△△職に興味があるのですが、〇〇さんの□□職というのはどのような業務内容なのでしょうか?』
→ 具体的にやりたいことが決まっていて、職種まで調べることで御社を知りたいという意欲がアピールできています。

『HPを拝見したり、説明会に参加してみて、御社で働く際には〇〇という部分にやりがいを感じると思ったのですが、実際はいかがでしょうか?
→ しっかりと自分で情報収集した上で感じた疑問を質問できています。

🙆‍♀️やる気をアピールしたい学生におすすめな質問例

◆『私は一年目から成果をあげたいのですが、入社までにやっておいた方が良いことや取っておくべき資格などはありますか?』
◆『私は入社後、早くから結果を出したいと考えているのですが、御社の社員の方で早くから活躍されている社員に共通して見える特徴はありますか?』
◆『御社の〇〇という理念に共感したのですが、体現するために取り組んでいることを教えてください。』
◆『1日でも早く独り立ちをして活躍したいと考えていますが、入社後はどの程度の期間・どのような流れで実際の業務に携わるのでしょうか?』

→ 成長意欲や先を見据える力、断言する潔さをアピールできています。

🙆‍♀️長所をアピールしたい学生におすすめな質問例

◆『〇〇の資格を持っているのですが、御社の仕事で活かすことはできますか?』
◆『〇〇を得意としてきましたが、募集されている〇〇職ではどのような能力が求められるのでしょうか?』
◆『〇〇に頑張ってきましたが、御社で活躍するためにさらに努力すべき点はありますか?』
◆『私は人と交流することが好きなので、他部門の方とも良い関係性を築きたいと考えています。御社ではそういった部門を超えて交流を図る社風はありますでしょうか?』

→会社によって求められる長所は違うので、会社にあった長所をアピールするとより◎

第四章 印象悪い!?NG質問例

準備不足な質問

→『御社の企業理念はなんですか?』
→『主要取引先はどのような企業ですか?』
→『御社の強みはなんですか?』
→『御社の売上高を教えてください』

👉面接を受ける企業を調べずに行くのは絶対NGです!HPをしっかり読み込んで、暗記するくらいの勢いで臨みましょう

 

自信がない質問

→『勉強できる環境はありますか?』
→『どんな研修が受けられますか?』
→『ノルマ達成できないとどうなりますか?』
→『能力を伸ばしてくれる環境でしょうか?』

👉会社に依存しているような印象を与える質問はNGです!自信を持ち、前向きな印象を与える質問を心がけましょう。


❎仕事に興味を感じない質問

→『平均年収はどれくらいですか?』
→『残業はありますか?』
→『福利厚生はありますか?』
→『転勤はありますか?』
→『年間休日は何日ありますか?』

👉福利厚生についてはもちろん大事ですが、面接の場で聞くことではありません。こういった質問は、OB訪問や説明会で事前に聞いておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今までなんとなく聞いていた逆質問を言い換えるだけで、周りの就活生と差がつくきっかけになるかもしれません。
冒頭でもお伝えしましたが、逆質問は自分を売り込むチャンスです。

面接の受け答えの練習はもちろん大事ですが、逆質問で何を聞くかまでをしっかりと考えて挑むことが合格の近道につながると思います。

『逆質問は自分を売り込むチャンス』

ぜひ、この考えを念頭に置いて面接に挑んでみてください!
最後までご覧いただきありがとうございました!

皆さんの就活がうまくいくことを心から願っています。

〜記事の作成者〜
SCG内定者 ひな

★面接対策をしたいあなたにおすすめな記事★

通過率がぐんと上がる面接対策~面接に苦手意識があるあなたへ~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20201007_2767/

これさえ読めば面接は怖くない!考え方編~熱意を持てる企業の探し方~
https://newgrads.sougo-group.jp/column/real/20201028_2938/

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

   2022年度新卒採用エントリー