矢印

採用コラム

2019.08.09

グループ企業の強み!企業内起業の魅力と成功事例について

グループ企業の強み!企業内起業の魅力と成功事例について

この記事は、現在就活中ではあるけれど起業にも興味があるという、意欲の高い就活生必見の内容となっています。

起業には、ゼロから事業を立ち上げるものだけではなく、「企業内起業」という選択肢もあるのです。
今回は企業内起業の魅力や成功事例をご紹介します。

▼ 目次
  1. 企業内起業とは?
  2. 企業内起業のメリット
  3. 企業内起業のデメリット
  4. 綜合キャリアグループでの企業内起業成功事例
  5. まとめ

1. 企業内起業とは?

企業内起業とは、企業が新規事業に取り組むために、新たな組織や会社を社内に設立させることを指します。
社内ベンチャーとも呼ばれており、比較的体力がある大手企業で発足されることが多いです。
企業からの潤沢なバックアップを受けながら新しい挑戦ができることは、起業を考える側としては魅力的ですよね。
会社内の一部門という立場ではないので独立性が高く、子会社として運営されている場合もあります。

企業内起業にはトップダウン型とボトムアップ型があり、以下のような特徴があります。

①トップダウン型
・経営者の指示によって組織が発足する
・経営者によってテーマが設定され、メンバーがそのテーマに沿ったビジネスモデルを構築

②ボトムアップ型
・社内での公募や、社内ベンチャー制度の整備等でテーマを募って発足する
・集まったテーマのうち、将来性や企業にとって有益な見込みがあるものを選定して事業化する

2. 企業内起業のメリット

企業内起業には母体企業にも発足先の組織にもメリットがたくさんあります。

<発足先組織のメリット>
・起業や運営の必要経費を母体企業から提供してもらえる
・優秀な人材を母体企業から実績を元に確保できる
・各所で母体企業の知名度を利用できるので、信頼を得やすく取引もしてもらいやすい
・母体企業から給与等の正社員としての保証をされながら起業できる

<母体企業のメリット>
・新規事業を開拓・参入することにより、母体企業も成長ができる
・企業内起業の成功失敗に関わらず、経験自体が社員の人材育成となる
・社員のチャレンジ精神を育むことができる

このように、企業内起業にはメリットが大きいことが分かりますね。

3. 企業内起業のデメリット

企業内起業のメリットがたくさんで、良いことばかりに見えますよね。でも、残念ながら以下のようなデメリットもあるのです。

<発足先組織のデメリット>
・個人のリスクが少ないので危機感を感じにくく、事業への熱量を維持し続けるのが難しい
・大成功してもリターンが見合うとは限らないので、やる気の継続が難しい
・ゼロからの起業と比べて意思決定に時間がかかる
・既存事業との競合や顧客の奪い合いを避けなければならない
・母体企業のイメージを損なうようなことはできない

<母体企業のデメリット>
・企業内起業の発足によって、経営資源の分散が発生する
・企業内起業が失敗した場合、そのリスクを負わなければならない

デメリットはあっても、ゼロからのスタートに比べて企業内起業のメリットが大きいことが分かります。正社員の恩恵を受けながら大きなチャレンジができると思うと、とても魅力的ですよね。

4. 綜合キャリアグループでの企業内起業成功事例

実は当グループにも企業内起業の実績があります!
株式会社バイトレ代表取締役社長の川村将臣氏は、就活を意識し始めた頃から興味のあった起業を、入社8年で企業内起業にて実現しました。

川村社長の成長スピードは就職したからこそ加速したのです。
社長になることを目標に新卒で入社後、グループ創業者や先輩から学び、仕事を選ばずにコツコツと業務をこなしていくうちに重要な業務を歴任しました。
そして新規事業を社長に直接プレゼン後に事業拡大、2009年にグループ会社として独立して代表取締役に就任したのです。バイトレは独立後も順調に売り上げを伸ばしています。
グループで同じベクトルで互いに成長しあう環境が、今も成長し続ける川村社長の秘訣とも言えるでしょう。

尚、川村社長のインタビュー記事も読みもん内にあるので、ぜひ見てみてくださいね。

5. まとめ

企業内起業はゼロからの企業にはないメリットがたくさんあって魅力ですよね。
当グループは企業内起業の前例があり、意欲的な社員への支援制度も整っています。
ゼロからの起業よりも、就職するからこそ加速させられる成長スピードがあるのです。
起業に興味のある皆さん、一緒にチャレンジしていきませんか?

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー