矢印

採用コラム

2019.04.18

就活ルール廃止って何?いまさら聞けないメリットとデメリット

就活ルール廃止って何?いまさら聞けないメリットとデメリット

就活ルールとは、経団連が採用活動に関して企業に定めているもので、具体的には企業説明会を3月、面接を6月に解禁し、内定を出すのは10月という決まりです。
ところがこの決まりには拘束力がないために、ルールの形骸化が問題となっていました。そこで経団連は21年卒からの就活ルールを廃止にする意向を示したのです。
しかし政府はこのことを受けて、就活の新たな方式作りを現在作成しています。なので完全な就活ルールの廃止とはならず、21年卒は現行ルールが維持される見込みもあります。
今後就活の動きは大きく変わることが予想されますが、学生にとって一体どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

1. 就活ルール廃止における学生側のメリット

就活ルール廃止による学生のメリットは3つあります。

①チャンスが増える
就活ルールがなくなることで、通年採用の企業が増えると予想できます。採用の時期に左右されず就活に取り組むことができ、学生がチャレンジできる企業が増え、結果として内定を取るチャンスも増えるといえます。

②入社後のミスマッチを減らせる
就活の時期に縛りがなくなるので、焦らずじっくりと、様々な業界を知る余裕ができます。本当に自分に合った業界・企業を見定めるための研究もしっかりでき、入社後のミスマッチを軽減させることができるでしょう。

③学生生活の計画が立てやすくなる
就活ルール撤廃によって、早く内定をもらうことも可能になります。1、2年のうちに内定をもらい、その後は長期留学をしたり、研究に没頭するなど、学生時代を計画的に、有意義に過ごすことも可能になります。

2. 就活ルール廃止における学生側のデメリット

就活ルール廃止による学生のデメリットは3つあります。

①就活が長期化する可能性がある
就活ルール廃止により、就活を早くにはじめられる利点がある一方、採用期間が長期化することが予想されます。1年からずっと就活というような、ストレスフルな状況もないとは限りません。キャリアプランなど自分のビジョンをしっかりさせ、就活の長期化は避けるようにしましょう。

②学生生活に支障をきたす場合もある
上記と関連しますが、就活の早期化により、学生生活に支障をきたす場合もあります。肝心の学業に身が入らなかった、またサークルなどで楽しむ余裕がなかった、という状況もないよう就活との両立を意識しましょう。

③的確な判断が必要となる
学生時代の早い段階で内定を取ってしまうと、その後、自分の興味や得意なものが変わった場合、違う企業を受けなおす必要があるかもしれません。早期化の流れに流されず、自分と向き合う時間を大切にし、的確な判断で就活をしてくださいね。

3. タイプ別、就活ルール廃止後の動き方

・せっかちタイプ
大学入学と同時に自己分析、業界研究をはじめることをおすすめします。遅くとも2年秋までに内定を取るなどデッドラインを決め、計画的に動くことで早期内定を決めることができるでしょう。
しかし早期に内定をもらい、あとから興味が変わることは大いにあるので、インターンなどに積極的に参加し、企業の選定は慎重にしましょう。

・学生生活、就活、両刀タイプ
大学生活の4年間を有効に使い、学業も就活も両立させるためにプランニングを徹底しましょう。また、手当たり次第に合同説明会へ参加したり、通過したからといって全ての選考に全力を注ぎすぎないよう注意してください。早期のうちから動くことで、気持ちにゆとりを持って就活できるでしょう。早い段階である程度志望企業を絞ることが重要と言えそうです。

・のんびりタイプ
就活生に有利な状況は続きそうなので、まずは学生生活を謳歌するのもよいでしょう。大手ばかりにターゲットを絞らなければどこかしら内定は取れる可能性は多いにあります。時間のとれる夏にOB訪問することをおすすめします。
遅れを取って希望する業界の内定が取れないということがないよう、情報だけはこまめにチェックしておきましょう。

4. 【結論】学生にとって就活ルール廃止は得なのか損なのか

就活ルールの廃止によって、様々なメリット、デメリットが生じます。就活ルールの廃止により、日本の企業が長年培ってきた長期雇用や年功序列などが揺らぐという見方もあります。なので一概に得か損かを判断することは難しいでしょう。
ただ、就活ルールが変わったとはいえ、しっかり将来を見据え、自己分析や企業研究をしっかりし、計画的に就活をすることは変わりません。
ルール変更に左右されず、メリットを最大限に活かして、後悔のない就活をしてくださいね。

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

記事検索

カテゴリ

キーワード

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー