矢印

採用コラム

2018.04.18

お祈りメールはつらい…気持ちを切り替える考え方

お祈りメールはつらい…気持ちを切り替える考え方

「お祈りメールは誰でもつらいもの」就活中の私は、受け取ったときにそう思っていました。ですが、「早くわかってよかったじゃん!」という同期がいました。
その大学院の同期は、本当に悪気無く私に言っているようでした。同期の友人との話の中で、自分の気持ちを即座に切り替えることができる人の存在とその方法を知ることができてラッキーでした。アドバイスをしてくれた同期はプレッシャーをものともせず、若手研究者として活躍しており、ある程度根拠のあるアドバイスだと思いますのでご紹介します。

1.お祈りメールはつらくない!

就活は、お見合いや恋愛のようなものだというアドバイスを聞いたことはありますか?私は、最初この例えを聞いたときに「なるほど」とは思いましたが、あまりわかっていませんでした。そこで、お祈りメールのアドバイスをくれた同期の言葉がわかりやすかったので、ご紹介します。

「相性が良い、悪いはある」
「タイミングの良い、悪いもある」

この2つのフレーズは、確かに恋愛でも就活でも言えることで、自分の能力の問題だけではないということをわかりやすく考える方法につながります。

努力していないのに全て相性やタイミングのせいにしてはいけないと思いますが、就活で努力していない人はいないと思います。
例えば、「会社が好きなタイプ」と「自分の個性や能力」が一致しない場合、お祈りメールが来ます。一致していても、自分と似たタイプの人が複数いると激戦になり、お祈りメールが来る率が高くなります。これはその年度の運やタイミングです。

こう考えると、お祈りメールはつらくないんです。人手が足りないからという理由で、企業側があまり相性が良くないと思っているのにとりあえず採用されてしまう方が不幸です。相性のいい人と付き合いたいように、相性のいい会社で働く方が絶対幸せです。

2.自己が否定されているわけではない!

相性が悪かったと考えたとしても、失恋したら辛いように、お祈りメールは「自己否定」されているようでつらく感じる人も多いと思います。次は、この自己否定されていると感じる部分について考えてみましょう!会社としては、「社風に合わない」、「今年欲しい部署の人材にそぐわない」といった様々な理由からお祈りメールを送ります。これは必ずしもすべてが「あなたは能力が足りません」という意味では決してないんです。

例えば、考えること・企画が得意な文科系のAさんが、適性を活かしたいと思い、とある企業の「企画営業」募集の選考を受け、そして結果としては不採用となりお祈りメールが送られてきたとします。

企業側としては、実はAさんの発想力自体は魅力的と感じていましたが、どちらかというと実質の業務は外回りや出張メインの“営業寄り”の内容で、ハードワークに耐えうる体力・根性のあるスポーツマンタイプを求めており、実際の業務とも合わせて検討した結果、不採用となりました。

このように、広い意味で業界的に適正があったとしても、その企業が求めるものが異なる場合、お祈りメールが送られてくることになります。
「Aさんが根本的にダメだから」お祈りメールを送ったわけではないのです。

3.相性があうかどうかを知るために行う情報収集

A社が欲しい能力が国際感覚だとしましょう。B社はデータ分析能力の高い人を探しているとしましょう。C社は擬態的な今の能力で決めるのではなく、転勤生活に耐えられる人を多く採用しているとしましょう。3社全てを受けてその全てから内定をもらえる人はいるでしょうか?そんな人はほとんどいません。つまり、自分の個性や能力が当てはまる会社に応募すればよいのだということなんです。

もし、お祈りメールが来てつらいなら、会社選びを間違えたのではないか?という振り返り作業をしましょう。そして、次に応募するときに間違えないように、しっかり企業の情報収集を行って自分と相性の良さそうな会社を探して選びましょう!

4.お祈りメールが有り難い理由

相手である企業が判断してお祈りメールを送ってくれることが、実は有り難いことだと気がついたり実感する頃には就活が終わっているかもしれません。でも、もし早く気がつけるならお祈りメールが来てもつらくなくなるので、参考にしてみてください。

想像してみましょう。片思い状態の企業が人材不足で、この人とはミスマッチだと思いながらも採用したのが自分だったらどうでしょう。きっと、最初は自分の希望が叶ったことで幸せだと思います。でも、社風にあわなかったり、会社が必要としている能力と自分の持ち合わせている能力が一致していなかったりするのに入社してしまうことになるんです。そうすると無理をしながら過ごすことになる社会人生活が始まってしまいます。

そう考えると、自分が気がついていなくても企業の側でミスマッチだと判断したのであれば、早めに教えてもらえる方が有り難いことだと思いませんか?

5.まとめ

企業側も離職率を気にしますのでミスマッチがないような採用を心がけてはいますが、どうしてもマッチしていないのに入社にまでいたってしまう人もいます。実際、ミスマッチな会社で新社会人生活をスタートさせ、すぐに離職してしまう人は毎年一定数いますよね。それではなんのために就活を頑張って社会人になったのかわかりませんし、もったいないですよね。

お祈りメールが来れば確かにいい気はしませんが、自分の個性や得意分野とあわない会社に応募してしまったのだと気がつけるチャンスです。自分ではマッチしていると思っていたけれどそうではなかったということがわかれば、次の企業選びの参考になります。また、自分の個性を出し切れなかったと考える人は、面接での作戦を練り直すこともできます。そして、次こそ自分の能力や性格にあった会社に応募するようにして、自分の個性をしっかりアピールすればいいだけなんです。

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

記事検索

カテゴリ

キーワード

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー