矢印

採用コラム

2018.03.07

就活を「楽しかった!」と感じる人の特徴

就活を「楽しかった!」と感じる人の特徴
こんにちは!
就職活動に対して、あなたはどんなイメージを持っていますか?
「面接で自分をアピールするのが苦痛」とか「結果がなかなか出ないと苦しそう」とか、苦行のような印象を持つ方も多いかもしれません。けれども、中には「聞いていたより楽しかった」と言う方もいらっしゃいます。マイナスイメージを抱きがちな就活を「楽しい」と思える方にはどんな共通項があるのか。本日はそこに焦点を当ててみたいと思います!

1.後悔ではなく、復習をする

面接で「こんなこと言うはずじゃなかった~」とか「勧められる前に椅子に座っちゃった」などと落ち込むことありますよね。
就活とは着慣れないリクルートスーツを着て、訪れたこともないような場所に足を踏み入れ、それほど頻繁に使ってこなかった敬語を使い、深堀もしてこなかった自分についてアピールしなければならないというとにかく初めてづくしのものです。慣れないことですし、当然失敗します。でも就活が大切な活動であるとわかっているから、失敗するとどうしたってへこみます。当たり前です。
けれど、就活を楽しいと思える人は、瞬間的にへこみますが、落ち込みは持続しません。むしろ失敗を活かそうと考えます。発明王のエジソンが、白熱電球の商用化までに1万回の実験失敗をしたことを記者に指摘され「私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ」と言ったというのは有名な話ですが、楽しいと思える人はこの言葉に通じる思考の持ち主が多いように思います。「今回、これがだめだったなら次はこうしよう」「伝え方を次回から変えてみよう」といった風に次を見据えているわけです。
楽しいと感じている方の多くにとって、見ている方向は後ろではなく、前であり、失敗は次に進むためのステップでしかないのです。

2.大量のタスクをこなすのが好き

企業研究、エントリーシート書き、OBOG訪問、筆記試験・面接対策、会社訪問と、とにかく多数の事柄をこなさなければならない就活。同時進行で多くの企業の面接が入る場合もあるし、スケジュール表もいっぱいで頭が痛くなりますよね。
けれど、就活を楽しいと考える人には「やることが多いほど燃えるタイプ」が結構います。忙しい状態が純粋に好きな人もいますが、複数の事柄を同時に効率よくこなすことに楽しみを覚えている人が多いように感じます。料理好きの人がたくさんの料理をいっぺんに作りつつ、片付けも手際よくこなして、料理が完成したときは調理器具がすべて洗われている、なんて話をよく聞きますが、料理好きな人に話を聞くと「これをやってあれをやって、この間に片づけて、みたいなこと考えるの好きなんだよね」という言葉が多く返ってきます。就活が楽しいと感じる人も同じ感覚なのです。忙しくて大変だけど、この大変な局面を合理的にかつ素早く切り抜けるにはどうしたらよいか、そう考えられるから、就活の雑多なミッションも楽しく乗り越えられるのです。

3.常に挑戦をしている

就活は初めてづくしとお伝えしましたが、それだけにかなりの緊張を強いられるものです。
しかし就活が楽しいと思う人はそうではありません。緊張がないわけではないでしょうがあまり苦痛には感じていないようです。なぜなら緊張に勝る好奇心を持っているからです。あくまで主観ですが、就活を楽しめる人は趣味が多い人が多いように見受けられます。実際、みんながひいひい言っている中で、就活を華麗にこなしていた友人は学生時代から多趣味で、社会人になった現在も趣味は増え続け、最近会ったときには「最近はね、トランポリンとボルダリングとピアノやってる。今度滝行(滝に打たれる修行のこと)もやるんだ。一緒に行く?」などと言っていました。就活を楽しめる人にとっては就活は義務ではなく、新たな挑戦として映っているからこそ、楽しめるのだと思います。

4.知らない人とも楽しく話せる

前項でお話した友人の話に戻りますが、彼女と食事に行くと結構な割合で近くの席の方と話をするようになります。そうやって知らない人ともどんどん仲良くなれる彼女なので友人は多いです。
就活においては面接官を始め、訪問した企業の受付の方、OBOG、同じように面接を受けに来た応募者の方など初対面の人と話す機会も増えますよね。人見知りだと就活は結構苦労します。実際、私も学生時代引っ込み思案で就活は苦戦しました。けれど今振り返って思うと、普段だったら会話をしないような方と話ができたのは実はとても貴重だったと感じます。有名企業の社長と話すチャンスなどそうそうありませんし、あんなに緊張しないでもっと心を開いて話しておけば良かったといまさら思います。就活を楽しめる人とは、初めてだから緊張するではなく初めてだからこそ、そんな一期一会を大事にしたいと思える人のことを言うのでしょう。

5.まとめ~ちょっとしたことも楽しめる人になろう~

ここまでいろいろお話しましたが、ようするに就活を楽しめる人とは「楽しいを見つけるのが上手な人」と言い換えられます。面接での失敗も、就活のマナーを学ぶことも、忙しさも、初対面の人と話すことも、普通に考えれば億劫なことですが、見方さえ変えれば辛いだけのことではなくなります。楽しめる人はその見方を変えるのが上手な人なのです。「そんな簡単にできない」と思われるかもしれませんが、自分自身の本質を変えることは無理でも、日々の生活にほんの少し「楽しい」を探してみることならできると思いませんか? たとえば、エントリーシートが綺麗に仕上がったとか、企業までの道中で乗り継ぎがスムーズに行ったとか、そんな些細なことでいいのです。どうせやるなら辛いより楽しいを増やして就活を乗り切っていただけたらと思います。

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

記事検索

カテゴリ

キーワード

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー