矢印

採用コラム

2017.06.05

2社から同時に内定が!重複内定に悩んだときはこう決めよう

2社から同時に内定が!重複内定に悩んだときはこう決めよう

押忍!!SHU@SPARK新卒採用チームです!就活は好調ですかッ!?
なに?好調過ぎて内定通知書が束になって困ってる??
それはうらやましい…と思う人も多いのでしょうが、「なにがなんでも内定を勝ち取る!!」と多くの企業に同時進行でエントリーした結果、2社以上の内定をほぼ同時期にもらってしまうのも困りものです。
入社できるのは1社のみ!自分にとってベストな会社を速やかに選択し、それ以外の会社には丁重に辞退の連絡を入れなくてはなりません。これは社会人としてのマナーという意味もありますが、あまり対応がルーズ過ぎた場合、大学のキャリアセンターにクレームが入るなどのトラブルに発展するリスクも考えられるからです。

重複内定に悩んだとき、どんな基準で会社を選べばいいのか、そして辞退する会社にはどのような対応をすればいいのかについて、今回も熱くアドバイスしますッ!!

 

1.本命企業から内定があった場合

「慎重に業界研究・企業研究を進めた結果、この会社を選んだ。数度の面接を通じて、ますますこの会社が好きになった。この会社で働けたらいいなぁ」という本命企業から内定をもらった場合、立ち止まって考える理由はありません。おめでとう!!一日も早く内定承諾書を提出し、ほかの会社には丁重に内定辞退の連絡を入れましょう。迅速に、且つ「申し訳ありませんッ!!」という真心を込めれば、あれこれと言い訳を重ねる必要はありません。

2.本命不在の重複内定の場合

さて、やたらに多く内定をもらってしまう人の中には、「入社意思をあいまいにしていたら、いろんな会社から内定通知書が送られてきた」という人もいるでしょう。本命不在の重複内定は、複雑な気持ちになってしまうかもしれませんが、内定をもらったという事実によって「自分は本当にこの会社に入りたいと思ってエントリーしたのか?」と、自分を振り返る余裕も生まれるはずです。では、どのようにして内定企業を決めればいいのでしょうか。

2-1.内定承諾は3日以内が基本

どの企業に絞るかを検討するまえに、注意しなければいけないのが返答期限です。特に期限が設けられていなくても、会社から内定通知をされたら、返事はそれから3日以内が原則です。遅くても、1週間以内には何らかの意思表示が必要でしょう。
その会社に入社して後悔しないかどうかは「なんとなく会社の雰囲気が自分の肌に合う」「この会社でイキイキと活躍している、近い将来の自分をイメージできる」といった、言葉では表現しにくいメンタリティやフィーリングです。←これは本当に重要ですッ!!

「内定通知をもらったのに3日間考えても結論が出せない」というのは、その会社に入社することに大きな戸惑いを感じている証拠。「内定を辞退するのは惜しいが、どうも気が進まない」という場合は、人事に連絡をして、話を聞かせてもらい、気が進まない理由を明確にしましょう。

2-2.悩み抜くことから逃げるな!

就活は、自分にとって最良の企業との出会いを求める活動です。重複内定をもらったら、どの会社を選ぶべきか必死に悩み抜いて当然です。自分の一生を左右する決断なのですから、どんなにつらくても苦しくても、大切なのは「悩み抜くことから逃げない」ことです。
一番良くないのは「本当はあまり魅力を感じていないけれど、もう就活に疲れたから、この会社でいいや」という中途半端な決断です。

どんな会社でも、勤め始めればつらいときもあるはずです。覚悟なく内定を承諾すれば、将来困難な仕事に直面したとき、踏ん張り切れず挫折して辞めてしまうかもしれません。
「この会社には魅力を感じる。しかし、まだほかの会社の話も聞いてみたい」。そう思ったら、いったん内定を承諾しておいて就活を続行するという方法もあります。内定取り消しを恐れず、自分の納得できる形で就活を乗り切ってください。

2-3.オワハラをする会社はどんな好条件でも蹴ったほうがいい

内定を承諾したあと、最近問題となっている「オワハラ(就活終われハラスメント)」をする企業もありますが、その場合はどのような好条件であっても辞退したほうがいいでしょう。企業にとって、内定や内々定を出した学生が就活を続けることは望ましくありませんが、これは企業側の理屈です。企業側の姿勢がオワハラかどうか明確な定義はありませんが、就活生側から見て「この会社は自分のことよりも自社の都合を優先しているな」と感じるのであれば、その会社は「人を大切にしない会社」の可能性が高いかもしれません。あまり露骨なオワハラが見られるようであれば、いったん内定承諾をしたあとでもそれを覆して辞退することも可能です。もちろんこれは望ましくない形ですが、「断り切れない」という理由で就活を終了することだけはやめたほうがいいでしょう。

3.内定辞退の電話のかけ方

内定辞退にもいくつかの方法がありますが、一番早くて誠意を伝えやすいのが電話連絡です。
内定辞退の電話は、かける側も受ける側もあまり楽しいものではありません。ぶっきらぼうにならない程度に、シンプルに済ませましょう。

担当者に電話をつないでもらったら、「お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と確認をして了解を得たら、
・内定を辞退する旨
・辞退の理由
・お詫びの言葉
の3点を述べます。

辞退の理由については、先方から質問がなければ省略しても構いませんが、普通は何か聞かれます。
「より自分の希望に沿った会社から内定をいただき、考え抜いた結果、御社からの内定を辞退させていただくことにしました」など、自分の決意でほかの会社を選んだという結論が明確であれば十分です。細かい事情を説明する必要はありません。
なお、執拗に理由を問い詰めたり、「内定辞退は法律違反」などの圧力をかけたりする企業もゼロではないようですが、法的拘束力はありませんので安心して内定を辞退してください。多少気まずい思いをしたとしても「この会社に入らなくて良かった」という実感があとからジワジワこみ上げてくると思います。
「就活に、おそれは禁物」ですッ!!

4.今回のまとめ~真正面から悩み抜く!それが後悔しない唯一の方法

今回は、重複内定をもらったときの対応策について全力でアドバイスさせていただきました。
最終的に1社しか選べない就活では、100枚の内定通知書よりも自分が心から入社したいと思う会社の内定が重要です。

本命企業からの内定を含む重複内定や本命不在の重複内定など、いくつかのケースを説明してきましたが、ポイントは
情報に基づく判断ではなく、自分に合うと思える会社を選ぶ
妥協せずに悩み抜くこと
内定承諾は覆すことも可能なので、自分の納得できる就活をする
オワハラを強いる会社は避けること
の4つです。

なお、最後に私・SHUから個人的なアドバイスをひとつ。
SCGでは、選考官と就活生が本音でぶつかり合う「本音採用」を行っています。
これは、就活という特別な期間をただ消費するだけでなく、就活生の成長に役立てていただきたいという想いで実現した採用制度です。
これは「このような制度がSCGにとって損か得か」などという計算をしていたら、到底実現できない制度で、「人材の大切さを知り抜いたSCGだからこそ就活生にベストな就活体験を提供したい!そのためにSCGにギリギリどこまでできるかッ?!」を社内でトコトン議論した結果、ようやく実現にこぎつけたというシロモノです。

「何社かから重複内定もらったけど、どこも今ひとつ、本当に自分が活躍できるイメージがわかない」と感じているあなた。
ひょっとして、それは会社と本音でぶつかり合い、「コレだッ!!」という手応えのある上司や先輩と出会えていないからではありませんか?
「なんだか、人あたりのいいうわべだけ笑顔の対応をされて、わけがわからないうちに面接終了。そしてサラッと届くお祈りメール。いったい自分のどこが良くてどこがいけないのか、ちっともわからない!!」。
そう感じたことはありませんか?

SCGの本音採用では、選考官とあなたがNGワードなしでガチの本音を語り合い、面接後に選考官があなたの評価表を見せながら「どこが良かった。どこが残念だった」というフィードバックをします。
もちろん、SCGも神様ではありませんから、あなたへの評価は完璧ではないでしょうし、「絶対」でもありません。しかし、「SCGとしてはあなたをこう感じたよ。こういう点はすばらしかった!ここをもっとこうすればもっと良かった」という率直な意見とアドバイスを受けられるのだから、あなたにとって何一つ損はないはずです。

もちろんSCGのことですから、シビアなことは言っても、決してあなたの人格を傷付けるような心ないことは言いません。「きびしいことを言われてヘコむのはイヤだ」という人も安心して来てください。
「就活生のために、こんなに親身に熱くなってくれる会社があったのか!」と驚くこと間違いなしです。ぜひ一度体験してみてくださいッ!!

本音採用の詳細は以下ページをご確認ください。
本音採用 

 

 

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー