矢印

採用コラム

2017.05.01

二次面接は「仕事で成果を出せる人物」を想像させよう

二次面接は「仕事で成果を出せる人物」を想像させよう

皆さん、お元気ですか?NaNa@SPARK新卒採用チームです。就職活動は「エントリーシート」「一次面接」「二次面接」とステップを進めていくごとに、多くのことを求められるようになります。
エントリーシートや一次面接では、「社会人としての素養があるかないか」が選考のポイントとなりますが、二次面接では、「実際にいっしょに働いた場合の能力」について見られます。企業の目的は売上の拡大ですから、「成果を出せる人材」かどうかを、きびしくチェックするのです。ですから、質問に対して「模範回答」をするのではなく、自分が社員として働いたら「どのような対応をするのか?」「どのような働き方をするのか?」を想像させるような回答をするよう、心掛けなければいけません。

1.成功体験は仕事で再現性とプロ意識をアピール

就活での自己PRとして、「これまでに行ってきたこと」や「実績」について話すこともあるでしょう。このとき、大事なことは「再現性」と「プロ意識」をアピールすることです。
まずは、再現性です。どれだけ大きな成功を収めた経験があっても、再現性もなく、仕事につなげられないようでは意味がありません。例えば「クラブの部長として部員をまとめて○○大会で優勝しました!」というのは立派な成果です。しかし、単に優秀な部員がそろっていただけかもしれません。また、「アルバイトでリーダーを2年間務めました」といった「事実」を語っても、リーダーシップに優れているとは限らないのです。
そこで、「優勝にどのように貢献したのか」や「リーダーとして何をしたのか?」といった具体的な実体験を伝え、「御社に入ってもそのような行動をしますよ」と、面接官に印象付けるようなアピールをしましょう。
次にプロ意識です。例えば「牛乳パックで3mもある東京スカイツリーを作った!」と聞くと、すごいことのように感じます。しかし、「本来は学園祭で飾る予定だったのに完成が1週間遅れていた」としたら、どうでしょう。「時間をかけて良いものを完成させた」というのは、アマチュアの考え方でしかありません。プロ意識を持っていれば「自己満足」よりも「顧客満足」を優先すべきです。また、「時間=コスト」ですから、コスト管理もスケジュール管理もできない人となります。
したがって、「学園祭で東京スカイツリーを展示しました。本来は3mでしたが予想以上の作業量だったため、一部仕様を変更して学園祭の日程に間に合わせました。とても苦労をしましたが、来場者にたいへん喜んでいただきました」など、面接官に責任のある行動をとる「プロ意識」を持った人物だと感じてもらえるように答えましょう。

2.他責思考は危険!

どれほど優秀でも、社会人として困るのは「他責思考」の人間です。他責思考の人は、仕事の結果を「他人の責任」と考えるため、自分の思いどおりにいかないと原因を他者のせいにします。また、責任を回避するために決断を人に委ねたり、自分から行動を起こさずほかの人がやるのを待ったりします。これでは、良い結果が出せません。
その点、「自責思考」の人間は、失敗すれば原因が自分にあると考えますから、悪いところを直そうとします。また、自分でコントロールできないことは、誰かがやるのを待つのではなく、周囲の人に協力を仰いで解決に導きます。つまり、みずから決断し責任感を持って行動してくれると考えられるのです。
したがって、企業としては他責思考なのか自責思考なのかを見極める質問をしてきます。例えば、「留年している理由はなんですか」と聞かれた場合です。「遊んでいた」「うっかり単位を取り損ねた」などといった理由は論外ですが、「ボランティア」など、学業以上に打ち込んだものがあれば企業に理解されやすいはずです。しかし、いくらボランティアとはいえ、自分で決めたことなのですから決して正当化せず、「学生の本分は勉強だということを、自分自身が判断を誤った」と反省すべきです。
ただし、嘘は厳禁です。私たち面接官は、学生の単純な嘘なんて簡単に見破れます。二次面接の面接官を務めているような上層部の社員はなおさらです。これまでたくさんの学生の嘘を目の当たりにしてきた人たちですから、だませるとは思わないほうがいいですよ。

絶対に押さえておくべき基本

最後に、二次面接の基本についておさらいしておきましょう。「当たり前」だと思う部分もあるかもしれませんが、しっかりと頭に叩き込んでおいてください。

1. 面接官の質問に明確且つ論理的に答える

面接官の質問には明確且つ論理的に答えてください。一次面接とは異なり、より難しい質問や突っ込んだ質問もされるでしょう。その際、丸暗記した模範解答では対応できなくなりますが、慌てずに質問の意図を汲み取り、論理的に回答してください。回答内容も大切ですが、論理的な受け答えができないと、業務で正しい意思疎通ができるのか不安にさせてしまいます。
また、圧迫面接のようになったとしても、笑顔は絶やさないこと。無駄にニヤニヤする必要はありませんが、明るく元気な学生と陰気でボソボソと話す学生では、誰でも前者を採りたいと考えます。

2. 謙虚な姿勢を貫く

面接には、おどおどせず自信のある態度で臨むことが大切です。しかし、一歩間違えると相手を「軽視し」「見下して」いるような、自信があるというよりも「横柄」である印象を与えかねません。
学生時代は年長であっても、社会人になれば1年生です。社内でのコミュニケーションを円滑に行うためには「上司」や「先輩」に敬意を持って接する必要があります。面接で謙虚な姿勢を見せることで、コミュニケーション能力に問題がないことを示せるのです。

3.一次面接と矛盾を起こさない

面接では、相手の意図に沿うように必死に回答をしているうちに、一次面接で言っていたこととは異なる主張をしてしまう学生がいます。一次面接での発言内容は共有されていますから、嘘をついたわけではなくても、場当たり的に適当なことを言う人物だと思われてしまいます。そうなると、必要なら嘘をついたり、トラブルを隠したりする人物にも思えてきます。
このような矛盾を起こさないためには、一次面接で自分が語った内容を復習しておくべきです。

“知識・経験値が同じ=結果が同じ”ではない

同じ大学に在籍しているAさんとBさんは、成績も同じで、バイト先での地位も同じです。しかし、この二人が同じ会社を受けたとき、Aさんは二次面接を通過したのにBさんは通らないということがあります。「同じ能力なのになぜ?」と思うかもしれませんが、今回紹介したように二次面接ならではのアピールをきちんとできなければ、結果は伴いません。
二次面接を突破するためには、自分のこれまでの経験を振り返りながら、「社会に出た自分」の強みについて考えてみましょう。そして、「ぜひ採用したい」人材と思われるよう、面接でアピールしてください。

ちなみに、SCGでは「3倍速の成長で描く、30歳の自分。」と題し、会社説明会兼一次選考会「SOUGO CAREER GROUP 2018 RECRUIT」を実施しています。
会社説明会兼1次選考会 過去・現在・未来と人材業界の時流を読み解く、新感覚プログラム
企業説明会に興味を持っている人は、他社とSCGのどこが違うか、ぜひ自分で確かめに来てください。
★☆★ あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます ★☆★
指名制OB・OG訪問はじめました。同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、
あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます!

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

記事検索

カテゴリ

キーワード

ENTRY

INNOVATIVE HR

WITH YOU

2021年度新卒採用エントリー