矢印

採用コラム

2017.03.16

説明会は0次面接!SCG流・企業説明会最大活用法!!

説明会は0次面接!SCG流・企業説明会最大活用法!!

皆さん、元気ですかぁッ?!SHU@SPARK新卒採用チームですッ!
今回は「企業説明会」に関する話をします。
合同、単独、地域別、業種別など、さまざまなタイプの企業説明会が盛んに開催されていますね(名称は「就職説明会」「会社説明会」「採用説明会」などさまざまですが、ここでは「企業説明会」で統一します)。
そこで、就活生が企業説明会を最大限に活用する(要するに、本命または有力候補の会社に最大限に好印象を与える)方法についてアドバイスしたいと思います。

「企業説明会なんて、単に出席して話を聞いていればいいんだろ?」といった安易な考えの人もいるかもしれませんが、実は、採用選考は企業説明会の段階からすでにスタートしているのですッ!!
ひょっとして、いきなり自分の人生を変える大きな出会いがあるかもしれない企業説明会。
「企業説明会は0次面接だ!」という強い気持ちで臨んでくださいッ!!

1.選考はもう始まっている!

まず、「企業はなぜ、高いコストをかけて企業説明会を開催するのか?」と考えてみましょう。
企業は利益を追求する集団です。何であれ、コストをかけるからには、それ以上の見返りを求めるのが当然です。
企業説明会の場合、コストをかける目的は「新卒学生の中で、より良い人材を選別・獲得する可能性を高める」ためと考えて間違いありません。

説明会には、多くの企業側スタッフが参加しています。壇上に立つ人だけでなく、受付や進行担当、雑務を担当している人たちすべてが、参加者をじっくり観察していると思ってください。「自分は常に全方位から見られている」という意識を持ちましょう。
挨拶や受け答えはハキハキと礼儀正しく。発言者の目を見る、話に相槌を打つ、重要なポイントはノートに書くなど、「自分はこの説明会に強い関心を持っている」という姿勢を崩さないようにしてください。

では、企業説明会で高い評価を得るために重要なポイントを、いくつかの段階に分けて説明します。

1-1.服装編

一般的な企業説明会のスタンスは、「当社がどんな会社なのかを知ってもらうための場なので、気軽に参加してください」という感じでしょう。原則的に服装も自由なはずです。

しかし、「服装自由」というのは「どんな格好でもノープロブレム」という意味ではありません。
「あなたのセンスや人柄を評価しますので、自分で適切だと思う格好で来てください」という意味ですから、フォーマルであれカジュアルであれ、社会人としての服装を意識してください。
また、服装以上に重要なのが身だしなみです。服装の汚れやシワはもちろん、髪・爪などの清潔感もアピールできるよう、気を配りましょう。

なお、「多くの就活生のなかで目立ちたい」という理由であまり奇抜な格好をするのはおすすめできません。「悪目立ち」する可能性が高いからです。
ただし、非常識にならない範囲で、何か一点目立つ色・デザインのアイテムを着用することで採用担当者の印象に残りやすくするといったテクニックは使えるでしょう。

1-2.入場編

どこの企業説明会でも、たいてい「さあ始めます!」というタイミングでスマホが鳴ってしまう不運な人が一人や二人はいるものです。

そういうとき、会場は「あー、やっちまったなぁ…」という雰囲気に包まれてしまうものですが、その当事者に自分だけはなりたくないものです。予めスマホの電源を切る、せめてマナーモードにしておくといった気配りは欠かせません。

また、「筆記用具持参」と言われてペンとメモ帳を持っていく人が多いのですが、メモ帳は主催者側に対して失礼です。重要なことを余さず記録するためには、小型でもノートを持っていくべきです。

配布された資料は、ざっと眺めるだけでなく、逐一しっかり目を通しましょう。あとで質問する際の格好の材料が見つかったりします。

1-3.会場編

説明会のスタイルは企業ごとにさまざまですが、参加者が心掛けるポイントは同じです。
今までに書いたことと一部重複しますが、
・発言者だけでなく、すべてのスタッフの動き・表情に目を配る
・「自分が目立ちたい」「自分をアピールしたい」という自分中心の意識を捨て、発言者に集中する
・会場の空気を読み、「今、自分は何をやるべきか?」を考え続ける
といったことを心掛けてください。

1-4.質問編

企業説明会では、質疑応答の時間が設けられているのが一般的です。
質問は就活生が自分をアピールする絶好のチャンスですが、何でも質問すればいいというものではありません。次のようなポイントに注意し、相手の胸に響くような質問をしたいものです。

・それは、今ここでするべき質問か?
ネットで検索すればすぐにわかるような、つまらない質問は自分の評価を引き下げます。

・それは、本当にあなたが聞きたいことか?
この説明会で行われた説明に対し、あなたが本当に疑問に感じた点を質問するのでなくては、意味がありません。「こういう質問をすれば受けるだろう」というような、いかにも予め準備してきたような質問は、会社側のやる気を削いでしまいます。

「おっ。この学生は説明の内容によく耳を傾けてくれたな。そういう質問が出るということは、意欲的にこの説明会に参加したという証拠だな」と思ってもらえる質問こそ、あなたを強く印象付けられるでしょう。

1-5.退場編

「帰宅するまでが企業説明会」。
冒頭で説明したとおり、参加者は多くの人からさりげなく注目されています。説明会が終わったからといって、油断は禁物!会場を出るまで「見られている」ことを意識して、言動に気を付けましょう。

また、アンケート類には、誠心誠意きちんと回答すること。これをおざなりにすると、「当社に興味を示さなかった就活生」と判断されかねません。

2.今回のまとめ~企業説明会は「目」が8割!

「企業説明会は0次面接のつもりで臨め」という内容からスタートした今回のお話。
もちろん、企業説明会でのあなたの評価がどうであれ、それでエントリーを断られるということではありません。しかし、本命~有力候補の会社の説明会に出席するのなら、ここでしっかり高評価を得ておいたほうが、後々大きなアドバンテージになります。せっかくのチャンスですので、企業説明会を最大限に活用したいですね。

さて、今回は「服装編」「入場編」「会場編」「質問編」「退場編」の5段階に分けて説明してきましたが、全体を通して最も重要なのは、「常に見られているという意識を絶対に忘れるな」という点です。

・服装…社会人としてふさわしい、清潔感のある服装で。身だしなみもしっかり。
・入場時…配布物にはしっかり目を通す。メモ帳ではなくノートを持っていく。
・説明会中…発言者の話に集中する。すべてのスタッフの動き・表情を観察する。
・質問…質問する“価値”のある質問を。
・退場時…アンケート類には誠心誠意回答を。

こういったポイントを守っておけば、スタッフのあいだで「今日の〇〇という学生、なかなかいい感じじゃない?」「エントリーしてくれるといいんだが」「もしエントリーしてくれたら面接には呼ぼう」という流れも期待できます。

そして、私・SHUが企業説明会で最も重要視するのは、参加者の「目」です。
「目で評価の8割が決まる」といっても過言ではありません。

人間、相手の目を見ていれば、だいたい考えていることがわかります。
「あの人はよく目が泳いでいる。どうも集中していないようだ」
「キョロキョロして落ち着きがないな。説明の内容がつまらないのだろうか」
「講師の目を見ないでひたすらノートを取っているな。本当に話の内容がわかっているのだろうか」
主催者側の人間は、会場に何十人・何百人という参加者がいても、一人ひとりについてざっとそれくらいは見ているものです。

そして、目はその人の内面や感情を表す鏡でもあります。
SCGの場合は、「会社からのメッセージに共感し、目が輝いている人」「意欲に燃えた目をしている人」に、特に着目します。
ですから、企業説明会では自分をアピールすることよりも、「この会社に入って、自分は成長できるか?この会社の理念に共感できるか?」という意識を持ち、説明会に感情移入してほしいというのが、私・SHUの心からの願いです。

ちなみに、SCGでは「3倍速の成長で描く、30歳の自分。」と題し、会社説明会兼一次選考会「SOUGO CAREER GROUP 2018 RECRUIT」を実施しています。
内容はレクチャー&グループワーク、ワークスタイル&ビジョン、トークセッションと盛りだくさん。
また、参加いただくことで、下記のようなメリットがッ!!

1.「人材のプロフェッショナル」から、人材業界の面白さ、成長企業の要件、活躍人材に共通する考え方を学べる
2.自分自身のキャリアビジョンを整理することで、「やるべきこと」を見つけることができる
3.社員座談会を通して、仕事の具体的イメージや綜合キャリアグループで働くメリットを知る

企業説明会に興味を持っている人は、他社とSCGのどこが違うか、ぜひ自分で確かめに来てください。

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

SPARK新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。 SPARKとは、Successful Person Always Renews to Keep on tryingの略で、「成功者は常に挑戦し続ける」を意味する。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム

SPARK新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー