矢印

採用コラム

2017.01.20

人材業界は大きく成長できるってホント?新卒社員に聞いてみました!

人材業界は大きく成長できるってホント?新卒社員に聞いてみました!

こんにちは。TERU@SPARK新卒採用チームです。
就活で会社選びをするとき、「給料の高い会社」「福利厚生の充実した会社」という理由で選ぶ人っていますよね。あるいは、「社会的に有名な会社」「カッコいい会社」というブランド志向で選ぶ人もいるかもしれません。
まぁ、価値観は人それぞれですけど、その中で「自分が大きく成長できる会社」を選びたいという人が非常に多いんです。

ボクは、後輩から「大きく成長できる業界ってどんな業界ですか?」という相談を受けたときに、自信を持って「それは人材業界だよ」と答えることにしています。
もちろんそれは自分がSCGで働いているからでもあるし、自分の成長を実感しているからでもあるのですが、それとは別の「ちゃんとした根拠」があるんです。
今回は、後輩の新卒社員の話を聞きながら、それをお話ししたいと思います。

「成長する」って何だろう?

そもそも、いったい成長って何なのか。人それぞれに考え方は違うと思います。
僕は割とそのままストレートに、「昨日より大きくなること」だと思っています。

  • 体が大きくなれば、高いところから周囲が見渡せるようになる。
  • 頭脳が大きくなれば、今まで自分がやっていたことが幼く思えて、もっと高度なことをしたくなる。
  • 心が大きくなれば、人に対する思いやりが深くなり、優しい人間になれる。人が寄ってくる。

こういうことが成長といえるのではないでしょうか。

「ビジネスパーソンとしての能力が上がった」
「人から信用・評価されるようになった」
というようなことも、一般的に「成長した」と言われるんじゃないかと思います。

「成長」=人間として大きくなること

さて、冒頭でボクは「人材業界は自分が大きく成長できる業界」だと書きました。その根拠を説明したいと思います。

ボクにもSCGの後輩たちがいます。その新卒社員数人に、「ほかの業界に進んだ友人と比較して、入社してから自分がどんな風に『成長した』って実感してる?」と質問してみました。

A君:「働く」ということをすごく深く考えるようになりました。毎日、人材を求める企業様と、仕事を探している求職者の皆さんと接してその橋渡しをしているうちに、「働くって何だろう?」と考えるようになり、雇う側と働く側、双方の気持ちや考え方が理解できるようになってきたと思います。友達と話をすると、みんなそれぞれに成長はしていると思いますが、「いろんな立場の人のことを広く考えて理解し、調整する」という経験をしている人は少ないようです。

Bさん:学生時代の友達はいろいろな業界に散り散りになったのですが、会って話をすると、自分の仕事の内容とか、「どんなお客様と接している」といった、自分の話がわりと中心なんです。私の仕事は企業と人、人と人とを結び付ける仕事なので、自分のことよりも他者のことを先に考えることを学んだような気がします。

C君:僕自身も会社員なわけですが、企業の人材ニーズを知っていくうちに、「自分自身も人材の一人であり、人材として会社からどんなことが求められているのか」といったことを客観的に考えるようになりました。友達と比較すると、「自分は結構本質的なことを考えるようになったなぁ」と感じています。

なるほどね。みんな、「人間的に一回り大きくなった」っていう感じがするね。…なんて、ボクなんかが偉そうに言っても説得力ないけど。
確かに人材業界って、他の業界と比較すると「人間的に鍛えられる」面が多いですよね。そこがたいへんでもあるんだけど。

「成長」にもいろいろありまして…

次に、「成長して、どんなことができるようになったと思う?」と質問してみました。

A君:仕事のやりがいを感じられるようになりました。学生時代に居酒屋でバイトしていたんですけど、そのときのやりがいって、店長にほめられたとか、お客さんに「おいしい」って言ってもらえたとか、わりと直接的なやりがいだったんです。今は「企業と人材を結び付けることで、社会に貢献しているな」っていう、もっと大きなやりがいを感じています。世の中を良くするのに少しは自分が役立っているかもしれないという社会的な意義。それに加えて、企業や働く人が「喜んでくださっているな」って、実感できますよね。これが両方感じられる業界って、人材業界以外では少ないんじゃないでしょうか?

Bさん:今、「人材の流動化」ってすごく注目されてますよね。成長する産業に、どんどん人材を集中して大きな成果を上げる。これって日本にとってすごく必要なことだと思うんです。そのために私はがんばっている。自分の仕事は社会に結び付いている。自分がそんな風に考えられるなんて、学生時代には想像できなかったです。

C君:僕は経営にすごく興味があって、一応経済学部出身なんですが、「人材をどう考えているか」って、経営者の理念とか経営センスがすごくよく表れてるような気がします。こういうことが理解できるようになってきたので、将来は「お客様の将来の経営戦略を踏まえて適切な人材計画をご提案する」といった、高度なコンサルティングを提供できるようになりたいと思います。生意気ですけど。

いやいやC君、それってちっとも生意気じゃないって!すばらしい夢だと思うよ!!

具体的な成長ポイント

最後に、「成長が具体的な数値に現れた例」について質問してみました。

A君:大したことないですけど、僕はLQS(個々の行動レベルの向上・意識改革・Employability向上につなげるプログラム)の数値が半年で大きく改善したとほめられました。これは、日々の仕事を通じて「初めてお会いする方には、まず笑顔と大きな声で自分を印象付ける」「社内外を問わず、常に自分の周囲の人がどういう動きをしているのかを意識し、それを踏まえて行動する」といったことを習慣化する努力が実を結んだのではないかと思います。

Bさん:私は学生時代人見知りで、あまり人の目とか見られなかったので、人の顔と名前を覚えるのが苦手だったんです。でも今は、何百人っていう人の名前と顔を覚えています。知ってる人を見かけたら「あっ、〇〇さぁ~ん!」って積極的に寄っていきます。私たちの仕事は、相手のことを本当に理解しようとコミュニケーションを積み重ねていきますから、自然に他者に対して前のめりになっていくんですね。その結果だと思います。

C君:僕は月に2回以上のペースで、大勢の人の前で発表したり場を仕切ったり、取材やインタビューに応じたり、人に読まれる文書を書いたりするようになりました。人前で話したり文章を書いたりといった作業は学生時代苦手だったのですが、仕事で「自分の意見を多くの人に伝える・理解してもらう」ということを要求されることが多かったので、そこがすごく鍛えられた感じです。

なるほど、なるほど。ボクも思い当たる節があるなぁ。みんな着実に成長してるねっ!!

人材業界が人を成長させる理由

というわけで、「なぜ人材業界で、人は大きく成長できるか」について、およその概要をご理解いただけましたでしょうか。

その理由をまとめると、

  • 「企業」と「働く人」という正反対の立場の仲介に立つことで、「働く」ということを客観視できる
  • 社会との関わりが深く、企業の業績にも直結する仕事なので、視野が自然に広くなっていく
  • 自分自身も会社員なので、仕事を通じて「働き手」としての自分に対する考察が深まる

といったことが挙げられると思います。

具体的に磨かれるのは、誰とでも親密になれるコミュニケーション力や粘り強い交渉力、問題の本質をつかむ洞察力のほか、問題を解決する企画提案力、自分の意見や考えをしっかり伝える表現力など…。
そして、企業の人事部や経営者の方に接する機会も多いので、将来経営に携わりたい、あるいは起業したいと思っている人にもプラスになるでしょう。
ひょっとしたら「人材コンサルタントになる」といった道も開けるかもしれません。

皆さんも「大きく成長したい!」というマインドを持っているなら、一度私たちと話をしてみませんか?

綜合キャリアグループのコトとヒト、もっと知ってほしい!

企業研究をしているあなたにぜひ読んでいただきたい、綜合キャリアグループ社員インタビュー集です。 様々な職種から仲間の声を集めました!

インタビュー集

この記事を書いた人

                     

人財開発部 新卒採用チーム

綜合キャリアグループの人事部。採用と教育を担う部門。選考情報や就活情報を本音で提供します!!

SPARK新卒採用チーム
                 

人財開発部 新卒採用チームの記事

ENTRY

     

INNOVATIVE HR

WITH YOU

We keep supplying Innovative social function to the market.

2021年度新卒採用エントリー